« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の3件の投稿

2010年4月21日 (水)

5月10日 「いのちの輪をつなぎなおすために―上関・高尾、生物多様性―」 カフェオハナ



5月10日に以下のようなお話し会を企画しました。

 

転送転載大歓迎です。

 

「いのちの輪をつなぎなおすために―上関・高尾、生物多様性―」

 

すべてのいのちはつながっている

そして、人もまた

 

原発建設にゆれる瀬戸内の海、上関

都心の膨張を食い止めてきた、高尾山

二つの、いのちの輪

それぞれの場所で、関わりつづけてきた二人の女性のお話しです

 

日時2010.5.10(月)

 

会場 ふろむあーすカフェ・オハナ(三軒茶屋)

http://www.cafe-ohana.com/

 

[トークゲスト]

高島美登里(長島の自然を守る会)

坂田昌子(虔十の会)

 

[スケジュール]

19:00 開場

19:30 スライド上映開始

20:00 トーク開始

22:30 終了

 

●上関・高尾の写真スライド上映(19:30〜20:00)

 

●トーク(20:00〜21:00)

「上関の生物多様性、今とこれから」

高島美登里(長島の自然を守る会)

聞き役:冨田貴史

 

●トークセッション(21:00〜22:30)

「今のわたしに出来ること〜COP10・生物多様性じぶん条約〜」

高島美登里(長島の自然を守る会)

坂田昌子(虔十の会)

進行:冨田貴史

 

 

会場

ふろむあーすカフェ・オハナ(三軒茶屋)

東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6(駅徒歩2分, 246通り沿い1F)

http://www.cafe-ohana.com/  

 

【料金】

1000円+1オーダー

 定員30名(なるべくご予約をお願いします、下記カフェ・オハナまで)

 

【お問合せ】

ふろむあーすカフェ・オハナ

Tel/Fax (03) 5433-8787

http://www.cafe-ohana.com/  

 

※お問い合せ・予約は、以下のフォームよりお願いします。

http://milk.candybox.to/from-earth/postmail/postmail.php

 

 

−上関町長島(かみのせきちょうながしま)

 山口県の南東に位置する瀬戸内の玄関に、今、原発が着工されようとしています。六十万筆をも超える反対の署名が集まっているにもかかわらず、その声は届かず、瀬戸内海に残された最後の自然海岸ともいえるこの地が、今まさに埋め立てられようとしているのです。

 長島(とりわけ、埋め立て予定地の田ノ浦湾)は、豊富な湧き水と黒潮のぶつかる複雑な海洋環境が、希少な生態系を築き上げてきました。長島の自然を守る会の高島さんは、生物調査を通じて、埋め立てと原発建設に反対し、自然保護活動を続けておられます。

 

−高尾山(たかおさん)

 都心に緑の風を送り続け、人々の信仰の対象となってきたこの山を切り崩し、トンネルを掘り、巨大なインターチェンジを作る計画が進行しています。

 都心からわずか1時間の距離にありながら、豊かな水源を抱き、日本でも有数の生物多様性を誇るこの山。虔十の会(けんじゅうのかい)の坂田さんは、高尾山を「楽しみながら守る」活動を続けてこられました。

 

―現地が置かれている状況から、見えてくる問題の共通点を知り、連携してできることのアイデア交換を深められたらと思います。

いのちをつなぎ直す時代に変わっていくためには何が必要なのか、何ができるのかを、深く楽しく語り合う時間にできればと思っています。

ぜひお集まりください。

 

Talk Guest Profile--------

 

高島美登里

Takashima Midori

山口県防府市在住。「長島の自然を守る会」代表。山口県熊毛郡上関町長島の生物多様性を守るための活動を続ける。瀬戸内では他に類例のない、豊穣な「究極の楽園」とも言うべき生態系の残存する長島。現在、この場所に生きるすべての生きものたちの声を代弁するべく「自然の権利訴訟」に取り組んでいる。

◎長島の自然を守る会ブログ「スナメリ通信」

http://green.ap.teacup.com/sunameri/

 

 

坂田昌子

Sakata Masako

虔十の会(けんじゅうのかい)代表。高速道路のためのトンネル工事をめぐってゆれる、高尾山の自然保護にとりくむ。いわゆる「反対運動」の枠組みをこえ、ツリーハウスや高尾山天狗フェスティバル、天狗トレイル大会など、音楽やスポーツを取り込んだ新しいアプローチを次々企画・実践し、注目を集めている。

◎虔十の会ホームページ

http://homepage2.nifty.com/kenju/

2010年4月19日 (月)

【YOUTUBE】鷲野天音@アースディ瀬戸内2010


4月17日のアースディ瀬戸内での鷲野天音君(愛媛県久万高原町・小学6年生)によるトークをYOUTUBEにアップしました。

 

昨年に彼が愛媛県議会に提出した伊方原発プルサーマル反対請願について、上関原発計画について、これからのエネルギーについて、など話しています。

 

【YOUTUBE】鷲野天音@アースディ瀬戸内2010

http://www.youtube.com/watch?v=uOlZsdAYMKI

2010年4月 7日 (水)

4月21日 カフェオハナ 「持続可能な未来を目指すスウェーデンに学ぶ」



持続可能な未来を目指すスウェーデンに学ぶ

〜エネルギーと暮らしの今とこれから〜     



北欧に位置するスウェーデンでは、1980年にエネルギー計画を問う国民投票が行われ、

その結果として既存の原発を段階的に減らしていく政策が進められてきました。



また同国は、原子力発電の燃料であるウランに限らず、石油や石炭などの化石燃料に依存する社会から段階的に下りていく「ナチュラル・ステップ」の発祥の地としても知られています。



今回お話しをお伺いするレイナ・リンダルさんは「ナチュラル・ステップ」創設にも関わり、今は日本に暮らしながらスウェーデンとの橋渡しを行っています。



レイナさんのお話を通じて、エネルギー消費の無駄を抑え、太陽の光や熱、森や海のエネルギーを有効利用する取り組みについて学び、エネルギー政策の転換点を迎える私達の未来に活かしていきましょう。





■日時:4月21日(水)19:30〜22:00

※イベント準備の都合により なるべく事前のご予約をお願いいたします。



■会場:ふろむあーすカフェ・オハナ(三軒茶屋)



お問い合せ・予約は、以下のフォームよりお願いします。

http://milk.candybox.to/from-earth/postmail/postmail.php



〜 オーガニック&コミュニティ・カフェ + 

ナチュラル・キッチン&バー 〜

 from Earth Cafe "OHANA" (ふろむあーすカフェ・オハナ)



 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6(駅徒歩2分, 246

通り沿い1F)

 Tel/Fax (03) 5433-8787

 http://www.cafe-ohana.com/ 

 

■参加費:1500円+要オーダー



■お話:レイナ・リンダル(Lena Lindahl)/持続可能なスウェーデン協会・日本代表



■聞き手:冨田貴史(エネルギーシフトを考えるデータバンク・プロジェクト)



■内容



19:30〜20:30 「持続可能な未来を目指すスウェーデン〜エネルギーとその暮らし〜」レイナ・リンダル



20:30〜22:00 Q&A、意見交換



【協力】



エネルギーシフトを考えるデータバンク・プロジェクト

http://staff.energy-shift.org/



トランジションタウン世田谷(仮)

http://sites.google.com/site/ttsetagaya/





【プロフィール】



●レーナ・リンダル(Lena Lindahl)    



スウェーデン生まれ。1982年初来日。84年まで京都に滞在。1990年からアメリカ、ヨーロッパ、ロシア、日本の国会議員で構成される地球環境国際議員連盟「グローブ・インターナショナル」の日本支部「グローブ・ジャパン」の事務局に就職、93年から「グローブ・インターナショナル」事務局長、総裁秘書を務める。1995年〜99年、スウェーデン社会研究所の環境教育担当研究員として活躍。 現在、執筆、講演活動を通じてスウェーデンの環境保護活動や政策を日本で紹介しながら、外国企業向けに日本の環境政策の調査、報告活動に従事。1997年から2004年まで「スウェーデン環境ニュース」を発行。スウェーデン生まれの環境教育団体、特定非営利活動法人(NPO) ナチュラル・ステップ・ジャパン理事(2000年6月〜2001年6月は副理事長、2001年7月〜2003年9月は理事)。2002年以来「持続可能なスウェーデン・ツアー」の日本側コーディネイターと通訳を務める。関東弁護士会連合会公害対策・環境保全委員会の依頼でスウェーデン環境法典の邦訳を監修。



2005年以来、持続可能なスウェーデン協会(Sustainable Sweden Association)日本代表。



実は。。。子供の時はエチオピアとタンザニアにも住んでいました。



●冨田貴史



1976年千葉県出身。京都在住。ドキュメンタリー映画『六ヶ所村ラプソディー』を携えて少人数で語り合う上映会を全国120か所で開催。エネルギー、お金、暦の未来について語らうワークショップのファシリテーター。「エネルギーシフトを考えるデータバンク・プロジェクト」立ち上げメンバー。ドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」の制作に携わる。ブログ「RadioActive」で情報発信中。著書『わたしにつながるいのちのために』



« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »