« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の6件の投稿

2010年6月19日 (土)

6月30日 地域育てのワークショップ @佐世保



佐世保市在住の友人から、イベントにお誘い頂きました。

地域のこれからを一緒に考える良い機会として、ご縁を頂いている各地の方々の取り組みや考え方などを紹介出来たらと思います。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

地域育てのワークショップ お知らせとお誘い



「トランジション・タウン」という地域のあり方を学ぼう

日時: 6月30日(水)18時30分開場(ご飯タイム)19時始まり

場所: たべつむぎ・松口慎也さん宅(佐世保市重尾町1185)

参加費:1500円 

 (+300円で玄米おにぎり、味噌汁、お漬物などの食事を準備します。要予約。)

主催: アヒンサー(人に地球にやさしい社会をつくる会)



参加申し込み・お問い合わせ

090−7987−4304(森田) 

090−5284−8454(池田)                        


 

ファシリテーター/トミタ タカフミさん

年間260本の「暦」「エネルギー」などのワークショップをこなしながら全国をエネルギッシュに旅し続ける。

京都在住。著書「わたしにつながるいのちのために」 http://radio-active.cocolog-nifty.com/



2009年4月19日 アースデイさせぼ

「地球のことを考えて行動する日、アースデイ

 日々の暮らしから 大地、空、海へ  そして 海、空、大地から日々の暮らしへ

 すべてはつながり、めぐる。

ここで出会うヒト、モノ、コトが 新しい暮らしの一歩になりますように。」

この呼びかけに多くの人たちが共感し、協力し、集い、楽しみました。

心のどこかに「今のままの暮らし方ではいつか破綻する。

持続可能な本物の豊かさ、もっと生き生きと生きられる《もうひとつの》暮らし方って?」

そんな思いをもつ人たちがたくさんいるからではないでしょうか。



日本ではほんの50年ほど前まで、暮らしの多くの部分を手作りし、地域や家族で助け合っていました。

今、世界中からお金でなんでも買っています。多くのエネルギーを消費しながら。

このまま永遠に「円」の力で石油や電気を使い続けて食糧を浪費しながら「豊かに」暮らし続けることはできないでしょう。

もう一度“地域”を見直して、循環型社会・低炭素社会を目指したいものです。



《トランジション・タウン》について学び、

私たちはどんな暮らし方を望むのか、

どんな地域に暮らしたいのか、

ワークショップを通して自分たちにもできることをさぐってみませんか?



※トランジションとは移行とか移り変わるという意味。

石油の大量消費を前提とした社会から地域をベースとしたしなやかで強い社会への移行を目指そうということが

《トランジション・タウン》の目的で、2005年にイギリスで始まった草の根の市民運動。

2010年6月11日 (金)

7月1日 「自分」という自然に出会う旅 フライヤー

7月1日 「自分」という自然に出会う旅 フライヤー
7月1日 「自分」という自然に出会う旅 フライヤー


7月1日のイベントフライヤーを送って頂いたので紹介します。

 

6月12日、13日 高江連続イベント開催 @東京



沖縄県東村高江に住む友人からの情報を転載します。

 

******************転送・転載大歓迎!!******************

 

6月12日・13日、高江連続イベント開催します!!

 

普天間基地の移設問題が注目を集める中、東京でも沖縄の基地問題についての関

心が高まっています。しかし日米両政府は、名護市長選や県民大会を通じて繰り

返し示された沖縄の民意をよそに、基地の機能強化に突き進もうとしています。

沖縄県北部に位置する高江という集落もまた、新たな基地の建設に抵抗を続けて

いる場所です。高江の問題はメディアで報道されることもほとんどなく、多くの

人が高江の問題を知らない間に新たな基地が作られようとしています。

高江には集落を取り囲むような形で6ヵ所もの米軍ヘリパッド建設が予定されて

おり、住民は2007年7月から座り込みによって着工を阻止してきました。国はこれ

まで、座り込みをしている人々を「通行妨害」で裁判所に提訴したり、作業予定

地の前にフェンスを設置したりと、さまざまな手段で「ヘリパッドいらない」の

声を踏みにじってきました。そして、2010年7月から工事を再開すると明言してい

ます。

私たちは、この危機的な状況を知らせるとともに、高江現地の座り込みに一人で

も多くの人に行ってもらうために、連続イベントを企画いたしました。高江から

のゲストと共に語り合うトーク集会、ヘリパッドいらない思いを共有するアーテ

ィストによるライブを通して、高江への支援を訴えていきます。

たくさんの方の参加をお待ちしております!!

 

【高江連続イベント】

 

6月12日(土) 沖縄・高江 座り込みへの道 トーク集会

 

早稲田大学政経学部3号館103教室

東京都新宿区西早稲田1-6-1(地下鉄東西線早稲田駅から徒歩6分)

第一部13:00〜 お話:花輪伸一さん(WWFジャパン)

           早稲田大学学生etc.

第二部15:00〜 お話:金高望弁護士(ヘリパッドいらない弁護団)

            高江ヘリパッドいらない住民の会

 

※託児あり。ご希望の方は事前にメールにてご連絡ください。

 

(第3回ゆんたく高江実行委員会・一坪反戦地主会関東ブロック共催)

 

 

6月13日(日) 第3回ゆんたく高江

 

代々木 STEP WAY STUDIO B1ホールスタジオ

渋谷区代々木1-54-9 YOYOGI 1-54ビルB1 (JRまたは地下鉄大江戸線代々木駅か

ら徒歩4分)

 

OPEN 14:00/START 14:30(〜21:40)

 

【出演】七尾旅人/寿[KOTOBUKI]/花&フェノミナン/知念良吉/KORAKORA/ラキタ/YOYO/RaBiRaBi

(ラビラビ)/サダ&アペフチカムイ/朴保バンド/しみず他(from高江)

【お話】高江ヘリパッドいらない住民の会

 

(第3回ゆんたく高江実行委員会主催)

 

※両日とも入場無料です!

 

【問い合わせ】

●ゆんたく高江

tel:090-1944-4336

e-mail:yuntakutakae@yahoo.co.jp

web: http://helipad-verybad.org/

●沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック(6/12集会のみ)

tel:090-3910-4140

e-mail:hankach@jca.apc.org

web:http://www.jca.apc.org/HHK/

 

【カンパ振込先】

この企画はみなさまのカンパで成り立っています(6/12の集会は「沖縄・一坪反

戦地主会関東ブロック」と「ゆんたく高江」との共催、6/13のライブイベントに

ついては「第3回ゆんたく高江実行委員会」の主催となります)。ご賛同いただ

いた個人・団体は、公表の可否を確認した上で当日配布資料にお名前を紹介させ

ていただきます。振込用紙に、氏名・団体名のチラシ等への掲載の可否をお書き

添え下さい。

 

個人1口1,000円、団体1口2,000円

 

●郵便振替

記号10030 番号16103691

口座名 ゆんたく高江実行委員会

 

または

 

●郵便振替

00150-8-120796

口座名 沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック

 

******************転送・転載ここまで******************

 

2010年6月10日 (木)

6月27日 ヤゴタマーケット+いきもの会議+暦のワークショップ @佐賀県鹿島

6月27日 ヤゴタマーケット+いきもの会議+暦のワークショップ @佐賀県鹿島


ナチュラルライフショップ・YO-TI主催のイベントです。

 

2010年6月 9日 (水)

7月1日 自分という「自然」に出会う旅。〜エネルギーのおはなし+ヨガ+月の暦〜



******** 以下、転送大歓迎 **********

 

 

自分という「自然」に出会う旅。〜エネルギーのおはなし+ヨガ+月の暦〜

 

 人間はもともと自然の一部です。

 森羅万象すべてのものにリズムがあるように、本来、人間の体内にも宇宙の理にかなったリズムが流れ、

それらは見えないつながりの中で共鳴し合っています。

 心を研ぎ澄ませ、内なる声に耳を傾ける時、そこには自分という「自然」が醸し出す心地よいリズムを感じ取ることができるでしょう。

 カラダとココロをリセットして、自分という「自然」に出会う旅にでかけてみませんか? 

 

詳細は→ http://tete.higoyomi.com/event02.html

 

 

++++++++++++

 

■日時:2010年7月1日(木) 11:00〜16:00

 

■場所:龍国禅寺(糸島市二丈波呂474)

 

■スケジュール

 

 10:45 受付

 11:00 午前の部 

「エネルギーのおはなし」冨田貴史さん

 12:30 おひるごはん(自然農米のおむすび)

 13:30 午後の部

      カラダ編:ヨガ 平川順子さん

 14:30  ココロ編:月の暦のワーク 冨田貴史さん

 16:00 終了

 

■内容 

 

 ◆旅の指南1) 意識的に生きる

  時間とはいのちであり、営みそのものです。

  無意識に時間を過ごすのではなく、意識的に自分という時間を生きるためには、身近な生活で出会う一つ一つのことを意識的に選択していくことが大切です。

  また、そのためには、確かな情報を知っておく必要があります。

  例えば、私たちの生活に欠かせない電気。その背景にはどんな現状が広がっているのでしょうか。

  そんなつもりはなくても、無関心でいることの結果が、誰かの自由を奪ったり、いのちの営みを阻んでいるとしたら?

  

  午前の部では、「エネルギーのおはなし」として、原子力のこと、内部被ばくのこと、プルサーマルのこと、六ヶ所村で起きていることなど、

私たちが日々使っている電気の裏側についてお話していただきます。

  

 

 ◆旅の指南2) 自然のイノチをいただく

 
 「You are what you eat.」

  私のいのちは、あらゆるもののイノチとのつながりで生かされています。

  そして、食べるとは、食べ物の環境そのものを体内に取り入れることと同じです。

  イノチあふれる野菜や穀物をいただくことで、私たちの身体は自然を取り戻し、らせん状に循環することができます。

 

  お昼ごはんには、自然農(農薬も肥料も使わずに大地の力を生かしながら作られる農法)のお米を使ったおむすびをいただきます。

  

 

  ◆旅の指南3) 自分軸を整える

   今、自分はどこに立っているのか…その立ち位置を確認することは、今まで歩いてきた過去と

これから進む未来とをつなぐ「今ここ」を生きるために大切なことです。

しっかりと大地を踏みしめ、天に向かってすっくと背筋を伸ばし、ゆっくりと深く呼吸してみましょう。

 もともと、体内のリズムは月のリズムと連動しています。

身体に意識を向け、自分軸を整えることで、宇宙と共鳴した自然なリズムを取り戻しましょう。

 

「午後の部・カラダ編」では、シンプルな動きと呼吸を合わせたヨガで、自分軸を整えます。

 

 

◆旅の指南4) 月の暦を学ぶ

   日本では古い時代から、太陽と月のリズムを合わせた暦が使われてきました。

   暦とは時間を知る道具。

時間とは、太陽のまわりを巡る地球の動きであり、地球のまわりを巡る月の動きであり、地球の回転であり、

森羅万象の動きと変容と成長のさまです。

そして、私たちの思いや気づき、体験、記憶、未来のヴィジョン、そして「生きる」という道のりそのものを

時間ということもできるでしょう。

 

「午後の部・ココロ編」では、私たちのまわりを取り巻く様々なサイクルに意識を合わせ、私たちの内がわを流れる時間を感じるための暦のいくつかを紹介します。

 

 

■参加費

 終日参加 3000円

 (自然農のおむすび+ブックレット「わたしにつながるいのちのために」付き)

 午前の部のみ参加 1000円 

 *午後の部のみの参加はご遠慮願います。

 

 

■申し込み・問い合わせ

 参加希望の方は

お名前、参加人数(お子さまも含む)、緊急連絡先(お電話またはメール)を明記の上、

 teteito2010@yahoo.co.jp
 または FAX 092‐325‐0890 までお申し込みください。

 

 *終日参加の方は、動きやすい服装+ヨガマットをお持ち下さい。

  (ヨガマットをお持ちでない方はレンタル(300円)できますので、申し込み時にお伝えください。)

 *ヨガの経験は問いません。初心者でもできるようなシンプルな動きですので、ご安心ください。

 *お子様づれの参加もどうぞ。(お話の会場には、キッズコーナーを用意いたします)

ただし、託児はございませんので、ご了承ください。

 

 

■主催:tete  http://tete.higoyomi.com/index.html

 協力:海辺ヨガスタジオLOTUS  http://www.yogalotus.jp/lotus/home.html

 

 

+++++++++++++++

 

 

■プロフィール

¶冨田貴史(とみたたかふみ)

1976年千葉県出身。京都府在住。鎌仲ひとみ監督のドキュメンタリー映画『六ヶ所村ラプソディー』を携えて少人数で語り合う上映会を全国120か所で開催。

エネルギー、お金、暦の未来について語り合うワークショップのファシリテーター。

現在、全国で公開中の映画『ミツバチの羽音と地球の回転』の広報・宣伝も務める。

原子力、核による放射能汚染、被ばく、それらが持ち込まれることによって起こるあらゆるトラブルの解決を願う

ブログ【RadioActive】で情報発信中。http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/

著書に『わたしにつながるいのちのために』。

 

¶平川順子(ひらかわじゅんこ)

サーフィン歴16年。14年前にサーフィンライフを送るため、ここ糸島に移住。

サーフショップを営む旦那と2人の娘と犬1匹で、海の綺麗な大口海岸に住み、サーフショップを営む。

サーフィン中の怪我でヨガと出会う。

   日々、アイアンガーヨガ・アシュタンガヨガ&サーフィンを練習し、学びを深める。

サーフショップ2Fのヨガスタジオ「海辺YOGA−STUDIO LOTUS」にて自らインストラクターとしてヨガを伝え、インストラクターの養成にも力を注ぐ。

ヨガを伝えるツールとして、糸島の大自然を拠点とし、ここ糸島にこだわり、サーフィンとアサナを指導している。

 http://www.yogalotus.jp/lotus/home.html

 

****************************

 

2010年6月 6日 (日)

7月16日、7月23日、コシに捧げる2デイズ

7月16日、7月23日、コシに捧げる2デイズ
7月16日、7月23日、コシに捧げる2デイズ
7月16日、7月23日、コシに捧げる2デイズ
7月16日、7月23日、コシに捧げる2デイズ


昨年の冬に、「腰の健康」をテーマにしたイベントを高尾でやりました。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1394337335&owner_id=25309282


 

大盛況で大好評、アンコールの声(主に奈良さん)にのせられ、

今年もやる事にしました。

 

「実は腰が重くて」とか「何年も前からヘルニアで」みたいな話を、

この会を機会に聞く事が出来ました。

こんな事でもないと、なかなか打ち明けられない事なのかもしれないですね。

 

特にマッサージ法のシェアをしている時、触れ合いって大事だな〜って思いました。

動物だからね、僕達。

グルーミングみたいに、背中なぜるだけでも癒されるよね。

 

何はともあれ「癒す事」とか「治す事」を分かち合えるという事は、

幸せな事だなと思いました。

 

以下、2デイズです。

それぞれ、スペシャルです。

心を込め、愛を込めて企画しました。

 

ぜひともご参加ください。

もち、転送転載大歓迎です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

7月16日(金)「コシに捧げる夕べ〜腰の健康のためのトークライブ〜」

 

私たちの命の源であり、健康と調和を支えるコシに感謝を捧げる夕べです。

サヨコオトナラ、ヤッホーバンド、そしてタイコをギターに持ち替えてのソロなど、精力的な音楽活動を展開し続ける奈良大介。

年間260本のワークショップをこなしながら全国をエネルギッシュに旅し続けるトミタタカフミ。

エレクトリック・トライバル・コズミック・ジャミングプロジェクト「LAGO」のメンバーでありながら気功をベースとするボディワーカーでもあるKEIJU。

三者による音楽セッション、コシにまつわる体験談や健康法の実践、奈良大介のソロライブ、コシに捧げるもりだくさんなパーティーです。

 

・3人の初音合わせの様子はコチラ→

http://soundcloud.com/takafumi-tomita/keijunarataka02


 

時間:19時〜22時

参加費:投げ銭

会場:ふろむあーすカフェ・オハナ(三軒茶屋)

東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6(駅徒歩2分, 246通り沿い1F)

http://www.cafe-ohana.com/  

Tel/Fax (03) 5433-8787

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

7月23日(金)

「コシの祝祭〜命のかなめ、腰の健康と調和のために〜」

 

腰は命の要といいます。

大事とは思っていてもじっくりシェアする機会の少ない腰の健康と調和のための一日です。

昔ながらの方法での餅つきと、パーカッションのマスター達のライブ、腰に効くヒーリングや整体、健康法のシェア、と盛りだくさんのお祭り。楽しみながら心身を整えて、エネルギッシュな夏を満喫しましょう。

 

時間:14時〜22時 

※餅つきの準備を手伝ってくれる方を募集します。お手伝い頂ける方は12時集合でお願いします。

 

参加費:2500円(つきたて餅のおしるこ付) ※定員25名(事前にご予約ください)

 

ゲスト:奈良大介、PEACE-K&hanchan 、冨田貴史、凛(えなヒ―リスト)

 

14時〜16時半 餅つき&ライブ(奈良大介、PEACE-K&hanchan)

17時〜18時半 えなボディワークのお話しとワークショップ(凛)

19時〜20時半 コシの健康についてのお話しとワークショップ

20時半〜22時 ライブ(奈良大介、PEACE-K&hanchan)

 

問合せ・予約

□冨田貴史

電話:080-6947-2491

メール:takafumitomita1320@yahoo.co.jp

□Botanic Green

東京都八王子市東浅川町1059

tel/fax :042-673-6822

メール:botanicgreen@gmail.com

 

プロフィール

●奈良大介(ならだいすけ)

1996年〜セネガル出身のマムドゥ・カンデ氏に師事。

1997年、PERC・A・HOLIC結成。打楽器集団として、都内各所、関西などで活動を続けるが2001年解散。

1999年、アフリカ、ギニア共和国へ渡り、ラミン・ロペス氏に師事する。

帰国後、東京ナンガデフ、MANDEN-FOLIなどのグループで活動する。

JAH K.S.K & JOMORE STARS、やっほーバンド、PJアコースティックスタイル、サヨコオトナラ、朝崎郁恵(奄美島唄)、マブリ、DOUNIYAH等で活動中。

また、ギターも再び弾き始め、思いを伝えるため、唄も歌い始める。

音楽の持つ不思議な力と、言葉の魔力を信じて、現在、ソロ活も進行中。

必要とあらば、何処へでも飛んで行きます。

また、全国で、DJEMBEのワークショップも開催。

 

●Peace-K (Pすけ)

ドラム&パーカッションを中心に、演奏するのが大好きな音楽家。

YO-KING、Caravan、Spinna B-ill、Keison、ハナレグミ、浜崎貴司、元ちとせ、鈴木慶一、曽我部恵一など他多数のミュージシャンの様々なライヴ、レコーディングに参加し活躍中。

そんな縁のあるミュージシャン達が集う『Pすけ祭り』というイベントを各地で行っている。

スイスのMONTREX JAZZ FESTIVAL'04にSANDIIのパーカッションとして出演した時にhangというUFOのような不思議な楽器に出会い、その音に一目惚れし日本に持って帰り、'06.2.28新月の日に地元葉山の森戸の海で約45分演奏し、hangと共に波の音や自然の空気を一緒に詰め込んだ『NEW MOON』を発売中。そのhangとインドのマッサージ・アーユルヴェーダ「sala shanti」による『LIVE&MASSAGE』というリラックスパーティーも不定期に行っている。

自身が生活している「葉山の一日」をハナレグミ、児玉奈央 (YoLeYoLe)、どんとの息子であるラキタ&ナラ、hanchanという愉快な仲間達と巡る、音風景的な初ソロアルバム『Peace Tree』を、Tuff Beatsより'08.6.4の新月の日に発売、ツアーも大盛況を収める。

楽器さえあれば、どんな場所でもリズムを奏で出すので、今夜もどこかで誰かとセッションしているのである。

今回はアルバム『Peace Tree』に参加し、アルバムジャケットの版画をデザインし、Pすけ祭りでは必ず歌っているパートナーのhanchanと一緒にやってきます。

 

●冨田貴史(とみたたかふみ)

1976年千葉県出身。京都府在住。鎌仲ひとみ監督のドキュメンタリー映画『六ヶ所村ラプソディー』を携えて少人数で語り合う上映会を全国120か所で開催。エネルギー、お金、暦の未来について語り合うワークショップのファシリテーター。現在、全国で公開中の映画『ミツバチの羽音と地球の回転』の広報・宣伝も務める。原子力、核による放射能汚染、被ばく、それらが持ち込まれることによって起こるあらゆるトラブルの解決を願うブログ【RadioActive】で情報発信中。著書に『わたしにつながるいのちのために』。

今回は、年間260本のイベント・ワークショップを手掛け、全国を縦横無尽に駆け回りエネルギッシュに日々を過ごす健康の秘訣をシェアします。

 

●凛(ヒーリストネーム・りん)

大阪在住。インターナショナルヒーリスト協会所属えなヒーリスト。ホリスティックサロン月華美心をベースに

えなボディワーク施術、光の絵(波動画)のセッション、キネシオロジーセミナー、ワークショップなど開催しています。

命の源「えな」に通じる森を健全にすべく、きらめ樹(皮むき間伐)活動中。

当日は、コシに良いえな衣とアルデバランのボディロールの販売も行います。

 

☆「えな」はいのちの源である子宮や胎盤、女性性、真の美しさを表す日本古来の言葉です。

えなボディワークは、えなに深く働きかけるビューティメソッド。

えなが活性化されると新しい人生を創造するエネルギーが自然に満ち溢れます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »