« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年3月の2件の投稿

2012年3月11日 (日)

ブックレット「今、わたしにできること〜目に見えないものをみつめて生きていく〜」、完成しました。

ブックレット「今、わたしにできること〜目に見えないものをみつめて生きていく〜」、完成しました。
新しくブックレットを作りました。


このブックレットは、編集を担当した冨田貴史が愛知、茨城、千葉、東京、神奈川、奈良で出会った人たちと協力し合って作られたものです。
大量の放射性物質が振りまかれている現実と、そのことに関心を寄せる人が各地域で孤立しつつある現実を少しでも変えることが出来ればと願って、このブックレットは製作されました。
私たちは何かの専門家集団でもないし、市民グループでもありません。
一緒に本を作ってきた方たちの多くは2011年3月11日の震災後に出会った方たちばかりです。「学校で心配の声を上げると孤立する」「ネット上で意見を言うとバッシングされる」そのような状況を乗り越えながら、自分たちに出来ることを探し続けている人たちがつながりあって、一冊の本が出来上がりました。
子どもたちが幼稚園や学校に行っている合間を縫ってミーティングを繰り返し、子どもが寝静まった後の時間を使って原稿を書く。そんな地道なやりとりを積み重ねながら、あくまでもそれぞれの生活のリズムを大切に、ゆっくり作ってきました。
仕事のために生活を犠牲にする。その積み重ねが、命よりもお金を、放射能対策をするよりも社会の中で孤立しないことを優先する、そんな現実を生んでいるように思えてなりません。
生活の中から聞こえてくる等身大の声が響きあうことで、ひひとりひとりの生活が大事にされ、命が優先されるような社会を作っていく未来につながっていくことを心から願っています。
2011年3月の原発事故をきっかけに生まれた各地の小さなお話会のなかから、このブックレットは生まれました。一人ひとりの思いやエピソード、地域での取り組みの事例から、身近なできることまで。一人の力は小さく思えても、一歩を踏み出すことはいつもすべての始まりです。このブックレットがあなたにとってささやかなきっかけになれば幸いです。

制作:「今、わたしにできること」製作プロジェクト
編集:冨田貴史、田渕将也
定価:800円(税込)
ご注文・問い合わせ・冨田貴史 takafumitomita1320@yahoo.co.jp・コミュニティカフェあぱあぱ(神奈川県茅ヶ崎市旭が丘6-30電話0467859808   メールapaapa_chigasaki@yahoo.co.jp

2012年3月 7日 (水)

3月15日、20日@札幌の予定

告知文を転載いたします。

「インヨウとゲンパツ」冨田貴史トークライブ
 
2003年以降、
暦のワークショップを続けながら原発問題にとり組んできた
冨田貴史氏を迎えてのトークセッション。
今回は東洋哲学・医学の根幹、
「陰陽」理論からお話を進めていただきます。
私たちの周りのものは、全て陰陽に分けられるといいます。
陰陽の考え方から、生活を見つめる為のトークセッションです。
後半は、原発や放射能汚染という現実に対して
冨田さんが体験してきたレポートと、質問時間を活用し、
集まった皆さんが、知りたい事、シェアしたい事を中心に、
お話を進めてゆきます。
核燃料サイクルの仕組み、放射能対策、これからの暮らし、
心身の養生、など幅広くシェアいたします。
  
●日時 3月15日(木)19:45〜22:00
 
●会場 WORLD BOOK CAFE
 (札幌市中央区南1条西1丁目2大沢ビル5F TEL:011-206-7376)
●参加費 2000円(ワンドリンク付き)
 
●問い合わせ先 sunflower_anju@yahoo.co.jp
 
 
 
冨田貴史さんお話会in自然食ホロ
 
 
暦やエネルギーなどのワークショップを全国各地で行っている冨田貴史
さんをお招きして、自然食ホロにてお話会を開催いたします。
今回は、昔からある知恵、自然のリズムに沿った「暦」のお話を中心に、
現代の抱えるエネルギー、原子力問題についてお話していただきます。
お話のあとは、冨田さんを囲み、ホロのご飯を食べながら、みなさんで
今感じていること、聞きたい事を分かち合いましょう。
 
●日時 3月20日(火)11:30〜14:00
 
●会場 自然食ホロ(札幌市東区中沼西5条2丁目3-16)
●参加費 2000円(自然食ランチ付き)
 
●主催 自然食ホロ
●問い合わせ先 Tel&Fax 011-887-6224
 
 
 
〜3.11後のセカイを生きる〜
ぐるぐるめぐるいのちのために つながろうワールド・カフェ
 
 
2011年3月11日の東日本大震災、そして福島第一原発事故を
きっかけに私たちの日常は大きく変わりました。
私たち人間は、たくさんのいのちのめぐりの中に生かされている
生き物の一つです。
自然界の循環、人と人とのきずな、社会的なコミュニティ、心と体、地球
と天体 etc みんな私たちを生き生きとのびやかに育む大切なつながりです。
その糸をしっかりと結びあい「想いをシェアする」「仲間をつくる」
「つながりをひろげる」ためにはどんな方法や対話の仕方があるでしょう。
今回は、エネルギー、お金、暦のワークショップ・ファシリテーターの
冨田貴史さんをお迎えして、具体的な実例やヒントを交えながら、
「ワールド・カフェ」という対話の手法を使って、参加者のみなさんで
私たちが手と手を取り合い、変化の後をのびやかに生きるための
アイディアを一緒に考えたいと思います。ぜひ、ご参加下さい。
  
●日時 3月20日(火)18:30〜21:00
        ※終了後にカレーの注文ができます。
●会場 フェアトレード雑貨&レストラン「みんたる」
       (札幌市北区北14条西3丁目2-19)
 
●参加費 1200円(ワンドリンク付き)
●主催 サッポロッカショ
●問い合わせ先 011-614-2406(らる畑 橋本まほろ)
           raru-808★image.ocn.ne.jp(★を@に変えてください。)
 

« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »