« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の15件の投稿

2012年9月28日 (金)

大飯原発再稼働に対する抗議行動@関電京都支店

関西電力京都支店前

官邸前デモに合わせて、毎週金曜日の17時から大飯原発再稼働に対する抗議行動が続けられています。

15時からは座り込みや、大飯原発差止訴訟の募集、署名活動が行われています。
Photo


2012年9月27日 (木)

衣食住の自給を思う秋の夜長

衣食住の自給。

畑に立つ時間が取れなくても、町にいても、自給率は上げられる。

二次産業の自給。
加工。
糸紡ぎ、織り、縫製、染め。
味噌つくり、梅干つくり、お茶つくり。
塩炊き。
玄米の黒焼き、梅干の黒焼き、昆布の黒焼き、なすの黒焼き。

「生きるために必要なメディスンは何か。」

放射能汚染の度合いが増した今、これまで以上にその理解、認識が重要と思う。

症状が出る前に、予防的な暮らしを勧めたい。

放射能だけでなく、電磁波、抗生物質、化学薬品の害を中和する、
免疫力、解毒力、酸化還元力の高い身体をつくっていく。

それらのメディスンを自分で作って、自分に処方していく。

医食同源。

メディスンを食す生き方。

生き方は自由だし、みんなが仙人になればいいとも思わない。

清濁併せ呑む生き方は好きだ。

でも僕は今、改めて、メディスンを知ること、メディスンを自給することを、
同じように望む人たちと、実践的に身にしていきたい。

そして、できれば上述のようなものを、開かれた場の中で作っていきたいし、作り方を一緒に学んでいきたい。

各地に、糸紡ぎや織りや縫製や染めの作業所ができるといい。
空き家なんかを再生して、糀室、味噌蔵、味噌屋、塩炊き場ができるといい。

生きることと直結する仕事を作っていく。
生きるために必要なものを作る仕事。
やっていて健康になる仕事。
生活と直結した仕事を作っていく。

そのプロセスをガンガン煽っていきたい。

それにしても最近手仕事の機会が増えまくっています。
僕から「こんなワークショップをしませんか」と提案することってないんだけど、増えてます。
そういう時代なんですね!

味噌は今年何百キロ漬けたろうか。
まだこれからも漬けますし。
今年は塩も炊きますし、ちょびっとですが大豆をまきました。
近い未来、糀も一から作れるようになりたいっす。

糀多めの、非加熱処理の、長期熟成の味噌をどんどん作って、必要な仲間たちとどんどん融通しあっていきたい。

染めもどんどん増えている。
衣服はほんと大事。
綿や麻、カラムシに亜麻に絹。
僕の母方の実家の群馬赤城も絹の産地だった。
糸紡ぎ、縫製、織り、を自分たちの地域で行うということは、
上述のような植物の畑を守るということにもなる。

巨大なシステムから降りることが脱原発なら、
その未来は、小さな生産の現場がたくさんあって、
生活と仕事のつながりがはっきり見えるような暮らし。

原発で作る大量で安定した電気で稼動する大工場じゃないと作れない服を着る暮らしから降りたいとマジで思う。

僕の家の電気だけじゃなく、僕の暮らしで使っている道具、食べ物、衣服。
大量で安定した電気がないと作れないものはなんだろう。

それらとの付き合いを見つめたい。

このPCもね。

衣服は大薬なり。ボタニックグリーンさんの染め直し。

Botasome

草木染めアトリエ、ボタニックグリーンが立ち上がってすぐに購入して履きたおしてきたズボン。
このたび染め直して頂きました。

薄い緑色だったのが、こんな感じに大変身。
ログウッドの香りが心地よいです。
作るだけでなく、直すということをしてくれるのは本当にありがたいです。

自分でも繕ったり染め直したりするけど、プロの仕立てはやはり素晴らしいです。
心から敬服します。

昔はこうやって、着物や履き物を縫いなおしたり、染めなおしたり、補強したり、綿を打ち直したりして、
ひとつの衣服を大切に使っていたのでしょう。

「衣服は大薬なり」という言葉があります。

皮膚を通じて衣服の薬効を意識的に受け取っていた(服用していた)時代がそんなに遠くない過去にはちゃんとあったわけです。

衣服はメディスン。
ありがたく服用させていただきます。

2012年9月26日 (水)

私たちはリアル世界のどこにいて、どこに向かっていくのか

大阪の吹田にあるコミュニティスペース、モモの家で発行している会報「モモだより182号(9月27日発行)」に書いた記事を紹介します。

「私たちはリアル世界のどこにいて、どこに向かっていくのか」

10月14日、ひさびさにモモの家でイベントを企画しました。
この日、旅を通じて日本中の人たちと交流を重ねている奈良大介さんと、世界の経済と日本の置かれている現状に向き合い続けている安部芳裕さんを招き、音楽と話を通じて「今とこれからの暮らし」を見つめなおしたいと思います。
人類史上最大級の放射能汚染事故の真っ只中にいる私たち。
それにも関わらず多くの人たちは「私の住む土地は安全だから何もしなくて大丈夫」とたかをくくり、無関心を続け、東北・関東で放射能と向き合う人たちとの間に大きな溝を作っています。

年々弱体化しつつある日本の経済は、TPPを引っさげて「第三の黒船来襲」を狙うアメリカやアジア経済圏を牛耳ろうとする中国、韓国からのプレッシャーに押しつぶされる寸前です。
そして私たち国民の多くが、このような現状と向き合う準備ができておらず、何が起こっているのかすらも把握できていません。
日本政府はアメリカの傘の下でこそ国の安全を保障できるという考えを変えていませんし、経済界は世界の中での資源獲得競争(戦争)や貿易市場で勝利するという侵略・軍国主義を変えようとしていません。
「お上にまかせておけばいい」という時代はとっくのとうに終わっているにも関わらず、いまだに「誰かがなんとかしているだろう」という幻想から抜けられずにいる日本民族。
政府やメディアや教育のせいではなく、私たちひとりひとりが自分の生活と社会全体に対して意思表示をしてこなかった結果として、根が腐った木々のようにまもなくこの国は朽ち果てていくでしょう。
このような話をネガティブなものとして拒絶する前に、身の回りの現実をもう一度真剣に見渡してみるべきです。

僕は改めて「絶望に目を向けることからこそ、未来は開けていく」と思っています。
原発事故後、僕の生まれ故郷も、たくさんの友人も、子供たちも、政府による「ただちに影響はない」「対策は必要ない」という一言で切り捨てられました。
放射能を心配する人たちは「心配派」というレッテルを貼られ、国民の多くの「私には関係ない」「私にできることはない」というお決まりの文句によって、孤立させられています。
今起こっているひとつひとつの現実から目をそらさず、しっかり関わり続けることから生まれる小さな「今、わたしにできること」こそが本当の希望であり、都合のいい現実にだけ照準を合わせるような生き方は「現実逃避」でしかありません。
「世界で起こっていることは自分の内面の映し鏡なのだから、私は自分の内面を見つめていくことをすればいい」という考えは危険です。
内面と向き合うことが大事なように社会・世界と向き合うことは等しく大事なこと。
私たちの無関心・無関与は「世界はこのまま進んでいい」と承認しているようなものです。そのようなスタンスの人が増えれば増えるほど、世界は政界・財界の意のままに進んでいくでしょう。
今大事なことは、生活のすべてを見直すことと、そして社会全体の変革に積極的に関与していくこと。そのためにハラを決めなおすこと。
「何もできることはない」という思考停止状態による生活は、日々の消費や労働という形での社会参加によって大規模集中型の産業や戦争、搾取、差別に加担しています。

私たちの力は、何をしようがしまいが巨大です。
世界の今を知り、生活の一つ一つを見直し、リアルな現実の中にかすかでも自分の目で希望の光を見出していくことが、本当の意味での前向きな生き方だと思います。
私たちを生かすものは、私たち自身の生きる意思にほかなりません。
深い絶望を味わい、その絶望の淵から「生き残っていく」ことに向かって改めて立ち上がって生きている福島や宮城、岩手の友人たちのたくましい生き方に触れるにつけ、僕たちの未来は絶望の中の希望にこそある、と感じます。

「これからの暮らしを語らう夕べ」
10月14日(日)19:00〜 
モモの家にて
http://takafumitomita1320.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/1014-4704.html

2012年9月24日 (月)

10月の足取り

10月
2日 10時〜 福島県 いわき 健康空間ファビュラス
暦のワークショップ

2日 19時〜 東京都 三軒茶屋 カフェオハナ
いきものカフェ(w/坂田昌子)
◇10月にインドで行われるCOP11で国連、本会議、各国のNGO、市民に伝えるメッセージをつくります。

4日 10時~14時 神奈川県 茅ヶ崎 オーガニック・ナナ
ワークショップ
◆内容調整中。お金がテーマ?

4日 19時〜 東京都 国立 国立市公民館
ファシリテーションを体験しよう!

5日 10時〜 東京都 国立 nao cafe
麻布のてぬぐいを茜染めするワークショップ

5日 19時〜 東京都 国立 nao cafe
楽しい自給カフェ

6日 19時〜 神奈川県 鎌倉 ソンベ・カフェ
アナログロマンチックナイト

7日 午後 東京都 府中 atelier23
お話会

8日 10時〜 神奈川県 戸塚 フリースペース・くるくる
季節と身体の話

8日 13時半〜 神奈川県 戸塚 フリースペース・くるくる
13の月の暦をあそぶ

9日 岐阜県 八百津 山なんや
PAYAKAまつり

10日 岐阜県 八百津 山なんや
PAYAKAまつり

11日 10時〜 茨城県取手 農業ふれあい公園
森の囁ワークショップ

11日 19時〜 東京都 下北沢 cafe stay happy
「暮らしを自給して楽しく生きる」
◇ステイハッピー毎月恒例のキャンドルナイトとのコラボレーション。
w/奈良大介、星野潤(東京野菜計画)
http://takafumitomita1320.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/1011cafe-stay-h.html

12日 13時〜 東京都 三軒茶屋 ブランディーユ
「日本の暦と陰陽の話~月のこよみを読み解く~」

13日 13時~ 大阪 菜食カフェ& 織り工房リジョイス
『まわりて巡る星々と暦のはなし〜太陽と月と私を感じる〜』
http://takafumitomita1320.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/1013-b513.html

14日 13時~ 大阪府吹田 モモの家
暦を学んで農を楽しむ
http://takafumitomita1320.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/1014-2f56.html

14日 19時~ 大阪府吹田 モモの家
「奈良大介生音ライブと安部芳裕さんを囲む座談会」
◇w/奈良大介、安部芳裕(プロジェクト99%)
http://takafumitomita1320.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/1014-4704.html

15日 和歌山県 和歌山市 宮本病院
トーク&ライブ(w/奈良大介)

16日 和歌山 米市農園
トーク&ライブ(w/奈良大介)

17日 和歌山県 学文路 なりゆき屋
トーク&ライブ(w/奈良大介)

18日 和歌山 米市農園
トーク&ライブ(w/奈良大介)

19日 和歌山県 新和歌浦 バグース
「NO OCEAN , NO LIFE vol.02」(w/奈良大介)
http://takafumitomita1320.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/1019no-ocean-no.html

21日 10:30~16:00頃 和歌山県 海南 百種屋
「暦をしっかり学ぶ1日」

22日 14:00~16:00 和歌山県 海南 百種屋
「宇宙とカラダの陰陽バランス」

22日 18:00~20:00くらい 和歌山県 海南 百種屋
「冨田貴史と集う持ち寄り夕食会・トーキングサークル」

23日 12:00~15:00 和歌山県 海南 百種屋
「冨田貴史と手仕事&ランチ会」

24日 12時~ ごはん 13時半~16時 和歌山県 学文路 なりゆき屋
暦と陰陽のお話

27日 和歌山県 新和歌浦 

28日 和歌山県 新和歌浦 

29日 14時半~ 福岡県 戸畑 TERRA
地球暦の話

30日 午後 宮崎 ひむか村の宝箱
月の暦の話

30日 夜 宮崎 ひむか村の宝箱
月の暦の話

31日 宮崎
ワークショップ

以上です。

ではどこかで!

10月19日 NO OCEAN , NO LIFE vol.02 @Bagus

Front

Back


分かちがたく つながる

美しい海と 私たちの命

親を想うように 海を想う

海の未来は私たちの 未来

NO OCEAN , NO LIFE

「NO OCEAN , NO LIFE vol.02」

10月19日(FRI)

at Bagus

at door 1500yen

18:00 
OPEN

18:30
START

TALK 
冨田貴史

LIVE
奈良大介

Info
冨田貴史 080-6947-2491 / takafumitomita1320@yahoo.co.jp
Bagus 073-444-2559

Bagus
和歌山市新和歌浦2-2
tel: 073-444-2559

奈良大介(ならだいすけ)
ギターや三線等も演奏しソロ活動も精力的に行っている日本を代表するジャンベプレーヤー。 太鼓を使ったパフォーマンスを中心にやっほーバンド、PJ、 サヨコオトナラ、朝崎郁恵(奄美島唄)、マブリ、DOUNIYAH等、ジャンルにとらわれずに幅広く活躍中。 全国でジェンベのワークショップも開催。

冨田貴史(とみたたかふみ)
京都在住。全国各地で年間200本以上のイベント・ワークショップ・疎開保養キャンプなどをおこない、被ばくによる苦しみのない世界を祈り続けながら、平和的でクリエイティブな生活を提案している。ワークショップのテーマは暦、エネルギー、手仕事、自家発電など。 著書「わたしにつながるいのちのために」「今、わたしにできること~目に見えないものをみつめて生きていく~」他。

※お車でお越しのかたは 漁港内一般有料駐車場へお願いします

2012年9月20日 (木)

佐世保・熊本→守谷 メディスンのシェアありがとうございます。

佐世保・熊本→守谷 メディスンのシェアありがとうございます。
茨城県守谷にて

僕の故郷で震災後に出会った仲間たちと作った集い「森の囁」。

今日はお茶会でした。

先日僕がまわってきた九州の各地から送られてきたものたちをシェア。

手前から、佐世保から送られてきたよもぎ、どくだみ、レモングラス、パッションフルーツ、にんにく、熊本からのスベリヒユ(五行草)、よもぎ。

お茶にしたり、食べたり、黒焼きにしたり、足湯、腰湯で使ったり。

それぞれの効能、利用法を紹介し、カンパと交換でシェアしました。

集まったカンパは、現在計画中の保養プログラムの資金にします。

エネルギーの交換を具体的に出来るのはとてもありがたいことです。
つながりあって、ポジティブにサバイブしていきたいですね。

10月13日(土) 『まわりて巡る星々と暦のはなし〜太陽と月と私を感じる〜』 @菜食カフェ& 織り工房リジョイス

『まわりて巡る星々と暦のはなし〜太陽と月と私を感じる〜』

◆日時◆
10月13日(土)
13時〜17時

◆場所◆
菜食カフェ& 織り工房リジョイス
(梅田から約20分の阪急宝塚線 岡町駅から徒歩7分)
※ご予約頂いた時点で詳しい場所をご案内します

◆参加費◆
3000えん(お茶・お菓子付き)

◆講師◆
冨田貴史http://www.facebook.com/takafumitomita1320
暦やエネルギーなどをテーマに、全国各地で年間200本以上の
イベント・ワークショップを行いながら旅を続け、自給的暮らしを目指す。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

激動の時代、波に飲み込まれない為の生き方を知る。
人も本来、自然の一部。宇宙の一部。

そのリズムを識り、そこにシンクロする事で人間がつくった
お金や時間の縛り、既成概念を解き放つ。
本能を目覚めさせ、ぶれることなく、
しなやかに自由自在に生きる。

そんな魔法のツールを手に入れるきっかけとなれば嬉しいです。
今回は、おもに日本人が慣れ親しんできた旧暦(太陽太陰暦)の基本を知り、
古くから伝わる陰陽の考えや食養などの知恵を身につける機会にできたらと思います。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

お問合せ・お申込みは、
090-9213-8401
lily-rose-369☆ezweb.ne.jp
(☆を@に換えて送信してください)
吉川ゆき まで

2012年9月17日 (月)

貴重な日本茜、いとうつくし

貴重な日本茜、いとうつくし
栃木県那須 豊饒庵
貴重な日本茜が自生しています。

明日は朝から茜堀り。
その後、茜染め、暦ワークショップ。
福島県昭和村の苧麻姫サキちゃんにもらった前掛けを染めようと思います。

それにしても昨日南会津で行われた野外ギャザリング「大宴会」、老若男女が集う素晴らしい集いでした。
縄ない、火起こし、箒つくりなど、生きるための知恵を学びながら憩う一日。
参加できて幸せでした。
どうもありがとうございました。

9月30日 AKI-RA sunrise 3rd album 「胎」Release Party @ Battering Ram

天才パーカッショニスト、 AKI-RA Sunriseが3rdアルバムをリリースします。タイトルは「胎」。
そして9月30日に京都のBattering Ramでリリースパーティを行います。
僕は、宮崎康太郎君とトークセッションでお祝いします。
以下、AKI-RA Sunriseのブログから引用します。

・・・
http://akirise.exblog.jp/17944967/

こんにちはAKI-RA sunriseです。
様々な人々の協力あり遂に3rd album 「胎」をリリース致します。
つきましてはリリースパーティーを行います。
素晴らしいミュージシャン、アーティスト、活動家、ヒーラー、フード、スイーツの作り手達が集結します。
満月の夜に是非お越し下さい。
集い、感じ、学び、笑える宴をしましょう☆

AKI-RA sunrise
3rd album 「胎」Release Party

Start17:00 -
at Battering Ram 京都市中京区西洞院三条下る柳水町76 高橋ビル2F

このalbumは僕にとっての原点回帰した作品で「胎」というタイトルが付けられている。 幼い時から極楽、地獄図などを見ながらどこから生命がきて、そして何処へ帰っていくのかということがずっと気になるテーマであった。 当時は自分でもわからないままに消化したい思いを絵という形で表現し、20歳の頃は「胎」展という生命の永劫回帰を現した絵の展覧会をしたり、「胎」というバンドをしていた時期があった。 それから約10年が経ち、様々なご縁を通し<新たに生まれてくる命に対する音楽> “胎教”
に深く興味を持ち始め、今では多くの神社仏閣で“鎮魂”を意識した奉納演奏をさせていただく機会が増えた。そんな経験から、生と死の狭間の“イマ、ココ”にいる事を感じることが、今の僕にとっての音の重要性だと感じる。 様々な思いを音にしたこの作品を通じて、今まで出会った人達、ここに集まる皆さんと共に「イマ」を感じたい


LIVE:
AKI-RA sunrise with LIVE書道 福田匠吾

ARAMAKICA (木歌&AKI-RA sunrise)

EMA HOUSE (Emile&ムートン) feats MARLIN

DJ: KAZUMA

Talksession 〜これからの時代を生きる〜:

・冨田貴史 http://takafumitomita1320.cocolog-nifty.com/
旧暦、マヤ暦、13の月の暦、地球歴、時間、お金、原子力などについて語らうワークショップのファシリテーター。

・宮崎康太郎 twiiter:koutarousun
十字の漢方代表、十字鍼灸院院長。 高次元医学、東洋医学をもとに食事療法の指導、物凄く分りやすい健康セミナーの講師や音楽家としても活躍!

Healing Massage Booth:

・ENA Beauty momo - ENA massage

・Halidom Heal Sessions shu-anicca- massage & reiki healing

Raw Choco:cacao∞magic

◆前売りのお問い合わせは…akirasunrise1@gmail.comまで

9月29日 FOOD VISION @ Jikonka SEKI

http://jikonka.com/event_lesson/category/talk/food_vision.php

※以下、サイトより引用

FOOD VISION 日本を知る 暦と食06 

日本の暦は自然のリズム...
そして日本文化そものもであると思います。
地域に根ざした暦が忘れられつつある今。
日々を生きる知恵として自分たちの手に暦のある暮らしを。
この世のものごとには陰陽がある。
自分のからだも陰陽あわせもつことを知れば
より気持ちよく生きられるのではないでしょうか。
暦と陰陽の自然のリズムに合わせた日本の食文化、
今、そしてこれからにつながる暮らしのお話です。

開催日時 2012年9月29日(土)11:00〜14:00

料金 3,500円(お昼ごはん付)

TALK 冨田貴史 宮崎康太郎

FOOD まっきーごはん

開催場所 Jikonka SEKI
〒 519-1112三重県亀山市関町中町596(Map)

お問い合わせ 0595-96-3339

2012年9月 7日 (金)

10月14日「暦を学んで農を楽しむ」@モモの家

むすびネットの皆さんが以下のようなイベントを企画してくださいましたので、紹介します。

http://musubi.air-nifty.com/blog/2012/09/post-47f1.html

【イベント開催】暦を学んで農を楽しむ
下記のイベント開催します。農家や家庭菜園をしている人など、作物を育てている人を想定していますが、暦や陰陽の知識は、他の人にも是非お勧めです。
冨田さんの暦の世界を一緒に体験しませんか!
イベント:暦を学んで農を楽しむ
日 時:10月14日 13:00〜17:00(16:00〜参加者交流など)
参加費:2000円
場 所:
モモの家(http://www.momo-family.org/)
吹田市泉町5ー1ー18 / 電話 06-6337-8330
阪急吹田駅から歩いて5分 JR吹田駅から歩いて12分

内 容:
古の知恵に学ぶことはとても多い! 農業など自然と向きあっている方々は特にそう思われているのではないでしょうか。ところが、その多くを切り捨ててきたところに今日の社会の課題があります。
少しずつでも古の知恵を取り戻していきたい!
まずは「暦(旧暦)」の勉強から始めませんか。
講師に、地球暦で有名な冨田貴史さんを迎えて、暦ワークショップを開催します。
前半は、暦や陰陽の基礎知識を学びながら、月・太陽と植物(生き物)との関係を理解します。
後半は、参加者を交え、特に農業の現場で、それらの知識がどのように活用できるかを語り合います。

※冨田貴史・・暦やエネルギーなどをテーマに、全国各地で年間200本以上のイベント・ワークショップを行いながら旅を続け、自給的暮らしを目指す。

定 員:20名
お申込みは、下記までメールでお願いします。
ken3_musubi@nifty.com
※畑の話が多くなるとは思いますが、農家に限らずどなたでも参加可です。

締 切:10月7日(ただし、定員になり次第締め切らせていただきます)


!!!さらに!!!

同日の夜、同じ場所で、下記の素敵なイベントがあります。
僕は引き続き参加予定。
上記のイベントに参加予定で、引き続き夜の部も参加したい! という方は、その旨ご記入ください。
http://takafumitomita1320.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/1014-4704.html
参加、お待ちしています。

9月21日〜23日「星月の鎌倉 ぐるぐる秋分まつり」

星月の鎌倉 ぐるぐる秋分まつり

<日時>2012年9月21日(金)22日(秋分の日)23日(日)
鎌倉の枕詞「星月夜」にちなんで、星と月の「暦」のイベントを開催します。
また、海と山の自然ある鎌倉で、さらに自然の暦を体感できる演出として、
まちの協力店舗で「秋分」を意識したキャンペーンを展開します!

暦を感じることから、自然を感じるこころ、地球を感じるこころを育む。

「暦」を意識すること
「地球が太陽の周りをまわっていること」を意識することは
個々の日常から抜け出て地球という全体のことを考える "きっかけ"です。

だから もし まち全体で暦を意識したら、
きっと ひとりひとりの生活から まち全体 のことを考える
まちの問題解決、ゴミ/エネルギー/環境/暮らし といった
地域や身近な問題を みんなで取り組む きっかけ となるのでは?!

そんな想いから、
すでに現行の季節の行事やお祭りはありますが、
あらためて一年の「節目」の暦をまちの皆で意識していくキャンペーンとして
「ぐるぐるまつり」を秋分、冬至、春分、夏至、と年に4回開催します。


<内容>
───────────────────────────────────
星月の鎌倉 ぐるぐる秋分まつり 35°18' N / 139°32' E
───────────────────────────────────
星月夜、巡りて、廻る、鎌倉の秋

鎌倉の枕詞「星月夜」にちなんで、星と月の「暦」のイベントを開催します。
海と山の自然ある鎌倉のまちの協力店も「秋分」をテーマに盛り上げてくれます。
さらに今回は地球が太陽の周りをまわっていることを意識させてくれる『太陽系時空間地図 地球暦』
をキーにおはなし会なども開催します。自然を感じるこころ、地球を感じるこころを育む。
「暦」を意識することは個々の日常から抜け出て地球という全体のことを考える "きっかけ"です。
ひとりひとりの生活からまち全体の未来の姿を考えたい。
ぐるぐるまつりは、一年の「節目:春分・夏至・秋分・冬至」を大切にしていくお祭りです。

日時/ 2012年9月21日(金)22日(土)23日(日)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
21日(金)
10:00-12:00 \2000+ワンオーダー
冨田貴史「月にまつわる暦のおはなし」一花屋
18:00-21:00 \3000+ワンオーダー
杉山開知「太陽の祝日、月の祭日、惑星の会合」moWa
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
22日(土)秋分 鎌倉市立第一小学校
13:00-17:00 \3500
杉山開知「はじめまして、地球暦」
予約受付窓口 一花屋、moWa
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
23日(日)
14:00-18:00 \3000+ワンオーダー
杉山開知×きし亀子「星月の鎌倉」一花屋
18:30-20:30 \2000
懇親会 ParadiseAlley+moWa+一花屋のケータリング
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お申込み/お問い合わせ
予約はこちらにお願いします。
電話の場合:0467-22-1414 (moWa もわ)
メールの場合:ichigeya@fa.petit.cc(一花屋 ichigeya)

*第一小学校の開催についても、予約お問い合わせは上記にお願いします。
*上記の協力店では「秋分」にちなんだサービスを展開します。
街全体で「秋分」を感じられるこの機会に、ぜひ鎌倉へお越し下さい。

<主催>NPOかまわ
<共催>地球暦
<会場>鎌倉第一小学校, 一花屋, moWa,
<協力>moWa, ParadiseAlley ,Midlles ,一花屋 ,整体氣楽,
パタゴニア、コバカバ、ソンベカフェ、麻心、
BURE, オイチイチ、ふくや、pomponcakes、
ナチュラリア,ARASHIDA ,ROOTCULTURE
    …and more

*上記の協力店では「秋分」にちなんだサービスを展開します。
街全体で「秋分」を感じられるこの機会に、ぜひ鎌倉へお越し下さい。


2012年9月 3日 (月)

10月11日(木)Cafe Stay Happy Candle Night「暮らしを自給して楽しく生きる」

10月11日(木)Cafe Stay Happy Candle Night「暮らしを自給して楽しく生きる」
10月11日(木)
Cafe Stay Happy Candle Night
「暮らしを自給して楽しく生きる」
 
糸紡ぎや草木染め、味噌や梅干し作り、オーガニックマーケットや地域通貨、自家発電など、町に暮らしながらでも自給的暮らしを始めることが出来ます。
都会と田舎をつなぐ「東京野菜計画」や小規模自家発電や手仕事などの実践例を紹介しながら、これからの暮らしを語らえたらと思います。

音楽 奈良大介
お話 星野潤(東京野菜計画)
進行 冨田貴史

日時 10月11日(木)19時スタート
会場 Cafe Stay Happy
   (代沢2-29-14-2F )
   下北沢駅から徒歩4分
   http://cafestayhappy.com
料金 1500円+オーダー

お問い合わせ
Cafe Stay Happy
 03-3410-5959 info@cafestayhappy.com
冨田貴史
 080-6947-2491 takafumitomita1320@yahoo.co.jp

奈良大介(ならだいすけ) 
 ギターや三線等も演奏しソロ活動も精力的に行っているジャンベプレーヤー。
 太鼓を使ったパフォーマンスを中心に、ジャンルにとらわれずに幅広く活躍
 中。
 http:// www.nar adaisuk e.com/

星野潤(ほしのじゅん)
 東京世田谷のコミュニティー・ジャムハウスの住人。
 2011年より都市と田舎・農地と食卓を有機的につなぐプロジェクト
 【東京野菜計画】をスタート。
 都市・農地でのワークショップやマルシェ(地域市場)をオーガナイズしながら
 つながりの中での自給的生活を実践中。
 http://ameblo.jp/jamjamjamhouse/(ジャムハウス・ブログ)

冨田貴史(とみたたかふみ) 
 京都在住。全国各地で年間200本以上のイベント・ワークショップを
 行いながら旅を続けている。 テーマは暦、エネルギーシフト、など。
 http://takafumitomita1320.cocolog-nifty.com/

10月14日(日)~奈良大介さん生音ライブと安部芳裕さんを囲む座談会~「これからの暮らしを語らう夕べ」@モモの家

10月14日(日)~奈良大介さん生音ライブと安部芳裕さんを囲む座談会~「これからの暮らしを語らう夕べ」@モモの家
10月14日(日)
奈良大介さん生音ライブと安部芳裕さんを囲む座談会
「これからの暮らしを語らう夕べ」

世界を股にかける旅人でありながら、自給的暮らしを実践する自称「百姓見習い」の奈良大介さんによる生音ライブ。
私たちの望む世界を作るための取り組み「プロジェクト99%」を立ち上げた安部芳裕さんのお話と座談会。
二人のゲストと各地で交流しながら、自家発電や手仕事の場を作り続ける冨田貴史の進行で「これからの暮らし」を語らえたらと思います。

日時 10月14日(日)19時スタート
   ※18時〜軽食の販売あります。
会場 モモの家
   (吹田市泉町5-1-18)
   阪急「吹田」駅から徒歩8分
   http://momo-family.org
料金 1500円

音楽 奈良大介
お話 安部芳裕(プロジェクト99%)
進行 冨田貴史

お問い合わせ
冨田貴史
 080-6947-2491 takafumitomita1320@yahoo.co.jp
モモの家
 06-6337-8330  office@momo-family.org
 
・安部芳裕(あべよしひろ)
プロジェクト99%代表。サスティナブル経済研究所所長。ソーシャルアクティビスト。
著作に「だれでもわかる地域通貨入門」「金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った」「日本人が知らない恐るべき真実」「国際銀行家の地球支配/管理のしくみ」「原発震災後の日本の行方~知られざるTPPの真実」などがある。
持続可能な自立型経済の構築をテーマに情報を発信している。
http://project99.jp/ (プロジェクト99%)

・奈良大介(ならだいすけ) 
ギターや三線等も演奏しソロ活動も精力的に行っているジャンベプレーヤー。
太鼓を使ったパフォーマンスを中心に、ジャンルにとらわれずに幅広く活躍中。
http://www.naradaisuke.com/

・冨田貴史(とみたたかふみ) 
京都在住。全国各地で年間200本以上のイベント・ワークショップを行いながら旅を続けながら自給的暮らしを目指す。
ワークショップのテーマは暦、エネルギー、手仕事、自家発電など。
http://takafumitomita1320.cocolog-nifty.com/

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »