« | トップページ | 大成功太郎とFoodVision@JikonkaSeki。冬は補腎。 »

2013年11月23日 (土)

冨貴工房12月のスケジュール

12月の冨貴工房スケジュールです。

どうぞよろしくお願いします◎・

・・・・・・
【冨貴工房・2013年12月スケジュール】

12月17日
『ロケットストーブ作りとこれからの住まいを語らう座談会』
講師:山納敏之(ネイチャー・ワーシップ)
時間:13時~18時
参加費:2000円+材料費
□材料費は仕様によって金額が変わります(6000円~9000円)。詳しくはお申し込みの際にご案内します。
□ワークショップの後は、ロケットストーブを使って手前味噌寄せ鍋をおこないます(カンパ&食材持ち寄り歓迎)

12月20日
『地球暦ワークショップ~太陽系円盤を動かしてみる~』
地球暦は私たちのいる太陽系の姿を、1兆分の1の縮図で時空間の地図として表したものです。暦というと日付や数字に意味がある様に思いますが、その本質は自分の今生きている位置を宇宙的な視点で知ることです。地球はまぁるく、年・月・日という時間もまぁるい円で回っています。その当たり前の動きを円盤の上で、あらためて眺めてみると、自分の人生も星たちのめぐりと同様に、宇宙の壮大な物語の一部であることが自然と理解できることでしょう。地球暦の円盤の簡単な見方と、その感じ方のヒントを考案者である杉山開知さんが独自の視点と感性で語ります。初めての方からすでに地球曆を知っている方まで、何度でも聞きたくなるテーマです。
時間:13時~16時
講師:杉山開知
助手:冨田貴史
参加費:3000円

『太陽系時空間・音・映・地球暦2014~杉山開知ライブ~』
星の数ほどある、時の体系のバリエーション。時間は、人類の意識とともに進化し、時代は今、一歩前進しようとしている。地球から銀河を舞台に生きる私たちは、再び新たな時間を創造したいと思う。地球の運行そのものを通して、太陽中心に一つになる時の価値観。惑星という天然の時計の針を、記憶というレコードにかけ、円盤を回す。宇宙の音楽に耳を澄ますと…、聞こえてくる、Planetary Revolution.
時間:19時~21時
ライブ:杉山開知
参加費:3000円

12月22日
『東洋医学治療師と作る大成功!補腎鉄火味噌作りと冬の養生の話』
東洋医学の視点から分かりやすく季節の養生を学びながら、大成功太郎先生のセレクトによる六年物高麗人参や乾姜末の入った究極の補腎(腎気を補う)鉄火味噌を作ります。
時間:11時~17時
講師:宮崎大成功晃太郎(十字の漢方代表)
参加費:4500円(補腎鉄火味噌+鉄火味噌お結び付)

12月25日
『好きな時間帯に好きなものを染める茜染めワークショップ』
好きなものを持ってきて茜染めできる1日。染めたいもの、染めたい時間帯など、お気軽にご相談ください。
時間:12時~18時
進行:冨田貴史
参加費:3000円+α(染める素材が300グラム以上の場合は参加費応相談)

12月27日
『もみ付黒炒り玄米作りワークショップ』
玄米を丹念に黒炒りした玄米は解毒力=酸化還元力が高く、お茶にして飲むとリンパ管をきれいにすることができます。リンパ管の目詰まりにって血液中の老廃物が排泄できないために起こる排泄障害、がん・リュウマチ・膠原病などに対しても効能が期待できます。
時間:11時~17時
進行:冨田貴史
参加費:3000円

□定員:各日15 名 電話かメールにてお問い合わせください。

□冨貴工房
大阪市北区中津3-17-12
(阪急中津駅から徒歩3分/地下鉄中津駅から徒歩6分)
fukikobo@gmail.com
06-6372-7281 / 080-6947-2491(冨田)

□ゲストプロフィール
■山納敏之(12月17日)
宮崎市在住。天然素材コンシェルジュ、村づくりコンサルタント、空間デザイナー、自給自足アドバイザー、里山料理研究家、販路コーディネーター、観光コーディネーター。地球環境と健康にやさしい素材を使い、「古くなればなるほど味わいが出る風景創り」「暮らす人がワクワクする夢のある景色作り」など、『健康』と『持続性』と『デザイン性』を兼ね備えた空間作りを行なっている。その「高い感性と技術」は、数々の賞を受賞し、東京ディズニーシーの風景にも採用されている。村づくりコンサルタントとして、全国の村同士のコミュニケーションと流通を産み出しながら 豊かで持続可能な暮らし方を提案し、その輪を全国に広げている。

■杉山開知(12月19日) http://www.heliostera.com/
地球暦考案者。静岡出身。音楽の専門学校卒業後、2002 年より家業を引き継ぎ、静岡にて半農半暦の生活をしている。2004 年から本格的に暦を作りはじめ、古代の暦の伝承と天体の関係を学ぶ。その過程で暦の原型は円盤型の分度器であることに気づき、太陽系を縮尺した時空間地図を2007 年に「地球暦」と名付ける。現在は制作した暦を縁ある方に「贈りもの」として配布している。

■太陽系時空間地図 地球暦
太陽系を1兆分の1 に縮尺した円盤形の暦。暦の基本単位である年月日を太陽・月・地球の位置関係で捉える単純な見方は、暦法、占術を超えた新しい時間の概念を生み出している。

■大成功 晃太郎(12月22日) http://www.woman-kanpou.com/
鍼灸学士。十字の漢方 5代目、十字の漢方代表、十字鍼灸院院長。 明治鍼灸大学卒。オーリングテスト、東洋医学、食事指導など日々悩める方を根本治癒を目指し癒している。健康を多くの人に伝えようと健康ソングを歌いながら全国でトークライブなど講演活動も精力的に行っている。

« | トップページ | 大成功太郎とFoodVision@JikonkaSeki。冬は補腎。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | 大成功太郎とFoodVision@JikonkaSeki。冬は補腎。 »