« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月の30件の投稿

2013年11月29日 (金)

マイフェイバリット暦。草暦◎毎年使ってます。オススメ♪

マイフェイバリット暦。草暦◎毎年使ってます。オススメ♪

2013年11月27日 (水)

自給自足を始める座談会&味噌作りワークショップ@茅ヶ崎アロマココロ。

自給自足を始める座談会&味噌作りワークショップ@茅ヶ崎アロマココロ。

2013年11月26日 (火)

12月 冨貴工房での手仕事会スケジュール

改めて12月の冨貴工房での手仕事会の情報をお伝え致します。
冨貴工房では冬の真ん中である冬至の前後にいくつかのワークショップを企画させていただきました。
12月17日はロケットストーブ作り。町でもできるエネルギーシフトの一環として、当工房ではロケットストーブを取り入れることにしました。熱を何で作るかは考えどころ。皆さんと一緒に考えていけたらと思います。
20日は杉山開知さんを招いて午後は地球暦ワークショップ、夜はライブです。2014年版地球暦の製作真っ只中からのメッセージ。年の瀬に、宇宙観を深めるきっかけになればと思います。
22日は「陰極まって陽に転ずる」冬至。陽気を補う特効薬といわれる鉄火味噌を作るワークショップを、ゲスト講師は十字の漢方代表の宮崎大成功晃太郎さんを招いて行います。大成功先生のチョイスにより六年物高麗人参などを入れた特製補腎鉄火味噌は冬の養生にぴったりです。季節の養生や健康についてのアドバイスを聞きながら養生食を自給しましょう。
そして25日は茜染め。「持ち込みで染めたい」というリクエストにお答えして、好きな時に来て好きなものを染められるスタイルにしました。準備と時間調整のため、染める素材と参加したい時間帯をご連絡ください。
27日はもみ付黒炒り玄米作り。煮出して飲めばばっちり陽気が補充でき、血液やリンパの浄化を助けます。
また、12月28日には福島第一原発の事故収束作業に従事する方たちに届けるための鉄火味噌作りを行います。年末年始も昼夜問わず安全確保に尽力されている方々に感謝の思いを届けようと思います。この日の会については広く告知をしませんので、ご興味のある方は冨貴工房にご連絡ください。
冬はじっくりひとつの事に集中する時間の過ごし方が最適と感じます。
皆さんとゆっくりじっくりいい時間をすごせたらと思います。 
冨田 拝
■12月17日 『ロケットストーブ作りとこれからの住まいを語らう座談会』
講師:山納敏之(ネイチャー・ワーシップ)  
時間:13時~18時  
参加費:2000円+材料費
□材料費は仕様によって金額が変わります(6000円~9000 円)。詳しくはお申し込みの際にご案内します。
□ワークショップの後は、ロケットストーブを使って手前味噌寄せ鍋をおこないます(カン&食材持ち寄り歓迎)
■12月20日 『地球暦ワークショップ~太陽系円盤を動かしてみる~』
地球暦は私たちのいる太陽系の姿を、1兆分の1の縮図で時空間の地図として表したものです。暦というと日付や数字に意味がある様に思いますが、その本質は自分の今生きている位置を宇宙的な視点で知ることです。地球はまぁるく、年・月・日という時間もまぁるい円で回っています。その当たり前の動きを円盤の上で、あらためて眺めてみると、自分の人生も星たちのめぐりと同様に、宇宙の壮大な物語の一部であることが自然と理解できることでしょう。地球暦の円盤の簡単な見方と、その感じ方のヒントを考案者である杉山開知さんが独自の視点と感性で語ります。初めての方からすでに地球曆を知っている方まで、何度でも聞きたくなるテーマです。
時間:13時~16時  
講師:杉山開知 
助手:冨田貴史  
参加費:3000円
■12月20日 『太陽系時空間・音・映・地球暦2014~杉山開知ライブ~』
星の数ほどある、時の体系のバリエーション。時間は、人類の意識とともに進化し、時代は今、一歩前進しようとしている。地球から銀河を舞台に生きる私たちは、再び新たな時間を創造したいと思う。地球の運行そのものを通して、太陽中心に一つになる時の価値観。惑星という天然の時計の針を、記憶というレコードにかけ、円盤を回す。宇宙の音楽に耳を澄ますと…、聞こえてくる、Planetary Revolution.
時間:19時~21時  
ライブ:杉山開知  
参加費:3000円
■12月22日 『東洋医学治療師と作る大成功!補腎鉄火味噌作りと冬の養生の話』
東洋医学の視点から分かりやすく季節の養生を学びながら、大成功太郎先生のセレクトによる六年物高麗人参や乾姜末などの入った究極の補腎(腎気を補う)鉄火味噌を作ります。
時間:11時~17時  
講師:宮崎大成功晃太郎(十字の漢方代表)  
参加費:4500円(補腎鉄火味噌+鉄火味噌お結び付)
■12月25日 『好きな時間帯に好きなものを染める茜染めワークショップ』
好きなものを持ってきて茜染めできる1日。染めたいもの、染めたい時間帯など、お気軽にご相談ください。
時間:12時~18時  
進行:冨田貴史
参加費:3000円+α(染める素材が300グラム以上の場合は参加費応相談)
■12月27日 『もみ付黒炒り玄米作りワークショップ』
玄米を丹念に黒炒りした玄米は解毒力=酸化還元力が高く、お茶にして飲むとリンパ管をきれいにすることができます。リンパ管の目詰まりにって血液中の老廃物が排泄できないために起こる排泄障害、がん・リュウマチ・膠原病などに対しても効能が期待できます。
時間:11時~17時  
進行:冨田貴史
参加費:3000円
□定員:各日15 名 電話かメールにてお問い合わせください。
■山納敏之(12月17日)
宮崎市在住。天然素材コンシェルジュ、村づくりコンサルタント、空間デザイナー、自給自足アドバイザー、里山料理研究家、販路コーディネーター、観光コーディネーター。地球環境と健康にやさしい素材を使い、「古くなればなるほど味わいが出る風景創り」「暮らす人がワクワクする夢のある景色作り」など、『健康』と『持続性』と『デザイン性』を兼ね備えた空間作りを行なっている。その「高い感性と技術」は、数々の賞を受賞し、東京ディズニーシーの風景にも採用されている。村づくりコンサルタントとして、全国の村同士のコミュニケーションと流通を産み出しながら 豊かで持続可能な暮らし方を提案し、その輪を全国に広げている。
■杉山開知(12月19日) http://www.heliostera.com/
地球暦考案者。静岡出身。音楽の専門学校卒業後、2002 年より家業を引き継ぎ、静岡にて半農半暦の生活をしている。
2004 年から本格的に暦を作りはじめ、古代の暦の伝承と天体の関係を学ぶ。その過程で暦の原型は円盤型の分度器であることに気づき、太陽系を縮尺した時空間地図を2007 年に「地球暦」と名付ける。現在は制作した暦を縁ある方に「贈りもの」として配布している。
■太陽系時空間地図 地球暦
太陽系を1兆分の1 に縮尺した円盤形の暦。暦の基本単位である年月日を太陽・月・地球の位置関係で捉える単純な見方は、暦法、占術を超えた新しい時間の概念を生み出している。
■大成功 晃太郎(12月22日) http://www.woman-kanpou.com/
鍼灸学士。十字の漢方 5代目、十字の漢方代表、十字鍼灸院院長。 明治鍼灸大学卒。オーリングテスト、東洋医学、食事指導など日々悩める方を根本治癒を目指し癒している。健康を多くの人に伝えようと健康ソングを歌いながら全国でトークライブなど講演活動も精力的に行っている。
冨貴工房
大阪市北区中津3-17-12
(阪急中津駅から徒歩3分/地下鉄中津駅から徒歩6分)
fukikobo@gmail.com
06-6372-7281 / 080-6947-2491(冨田)

@SlowHairSalonGAKU。今から季節と養生ワークショップ。鏡台に茜染めの布を使ってもらっています。

@SlowHairSalonGAKU。今から季節と養生ワークショップ。鏡台に茜染めの布を使ってもらっています。

2013年11月25日 (月)

12月23日(月・祝) 大津・暦×星よみの会 「To the Mother Earth」@大津館

奥田晃子ちゃんのブログより
 
12月23日(月・祝) 大津・暦×星よみの会 「To the Mother Earth」

冬至の翌日12月23日に大津で「暦×星よみの会」を開催します。毎回テーマになる惑星を決め、継続して来たこの会、今回は地球暦の制作者、暦師の杉山開知さんをゲストにお迎えしたスペシャル版でお届けします。

知識というのはまさしく聖なる時に、
その人が物事の隠された意味を見つけることで、
自分のものにすることができる。
                Rolling Thunder

暦や星の世界にふれることで、自分自身の生き方や生活を豊かにするヒントをみなさんと共有していきたい、そんな想いで始めた「暦×星よみの会」。
暦の講師・冨田さんや私の持つ知識をお伝えしたり、その時々の星回りを通じて感じたことを参加者の皆さんとシェアしたりという感じで、ゆるく、のんびり続けて来ました。その中で、ワークショップ形式で「学ぶ」「吸収する」ということも大事だけれど、そこで得た「知識」を日常に戻って、自分自身の「智慧」にしていくプロセスも大事だなと実感しています。このネイティブアメリカンのローリングサンダーの言葉は、私が何かを伝える現場に立つときに、大切にして来たことでもあります。

今回は「To the Mother Earth」をキーワードに、3人が日々の暮らしの中で、暦や星から学んで来たこと、そして、今、みなさんとシェアしていきたいことを語り、伝える会にしたいと思います。杉山さんからは、地球暦の制作の裏側や最近立ち上がった妊娠出産など女性の生命リズムを地球暦と合わせたプロジェクトについてもお話しいただきます。冨田さんからは、暦だけでなく、今春始めた手仕事工房・冨貴工房での取り組みについても語っていただきます。私からは、ちょうど年末年始を迎えるタイミングで星占い的には盛り上がる季節でもありますので^^2014年に向けたお話しと、おひとりずつバースチャートと星からのひと言メッセージをお渡ししたいと思います。また、普段の会では、なかなかご質問にお答えする時間を十分 に作れなかったので、今回はみなさんからの問いにお答えする時間もたっぷり設けたいと思います。みなさんひとりひとりに「聖なる時」が訪れますように☆

★杉山開知
暦師、地球暦制作者。2002年から静岡にて半農半暦の生活をはじめ、2008年に地球暦・ヘリオコンパスを発表。円盤形の太陽系アートは、お茶の間から宇宙意識をもたらす銀河ツールとして注目される。円盤を愛し、日々開発に前進する、3児の父。日本暦学会会員。http://www.heliostera.com/

★冨田貴史
暦、核、エネルギー、お金などをテーマにワークショップ、執筆。大豆、塩、味噌、梅干、電気の自給。陰陽・保養・食養。『母笑み疎開保養大作戦〜海旅Camp 〜』共同代表。養生のための「冨貴工房」代表。宇宙の全ての子供たちが被ばくによる苦しみのない世界を生きられますように。
http://takafumitomita1320.cocolog-nifty.com/

★奥田晃子
認定エサレンボディーワーカー、西洋占星学。ボディーワークを始め、ひとにふれることで感じ始めた宇宙とのつながり。幼い頃から大好きだった星の世界に再び目覚め、今も西洋占星学と暦を学び続けています。星よみ(バースチャート・リーディング)では星をとおして、自分の可能性に気付き、そのひとらしさが輝いてゆくメッセージをお伝えしています。http://www.kirari-star.com/


※こちらは地球暦。地球暦とは?→http://www.heliostera.com/


※コレが占星学のチャートです〜

12月23日(月・祝) 12時半開場 13時〜18時 前半と後半の間に休憩が入ります。

12時半 開場
13時〜14時半  杉山開知さんトーク
休憩
14時45分〜15時45分 冨田貴史さんトーク
休憩
16時15分〜17時15分 奥田晃子トーク
17時15分〜18時  3人のトーク・質疑応答
18時  終了

★参加費・おひとり 4000円 
※暦の資料、バースチャートと星よみのしおり、おひとりずつに向けた星からのひと言メッセージをお持ち帰りいただきます。

★場所は琵琶湖大津館 →http://biwako-otsukan.jp/index.php
JR湖西線・大津京駅下車徒歩10分。JR京都駅からはJRと徒歩で約30分にてお越しいただけます

※バースチャートを作成しますので、出生日時・出生時間(何時何分)・出生地(市町村)をお知らせくださいませ。もし出生時間がご不明の場合も精度は劣りますがチャートは作成できます。その場合は不明とお書き添えください。

ご予約・お問い合わせは、メールまたはお電話でお気軽にどうぞ^^
kiraribodywork@gmail.com
090-9690-3708

12月13日 「2013年 忘年会」@環境未来センター希望

「 2013 年 忘 年 会 」

あなたにとって2013 年はどんな年でしたか? 私たちが経験した出来事や人のご縁は、実は暦と深く関係しています。 2014 年はどんな年にしたいでしょうか? 暦の達人。冨田貴史さんと暦× 個人史のバイオリズムを見つめ自分自身の振り返り(忘年会) をしましょう。
全国飛び回っておられる冨田さんの独自の視点でこれからの日本の動きについてもお話していただきます。


○冨田貴史(とみたたかふみ)
京都在住。全国各地で年間300
本以上のイベント
ワークショップ・疎開保養キャンプなどをおこない
平和的でクリエイティブな生活を提案。大阪中津にて
養生のための作業所「冨貴工房」を営む。
ワークショップのテーマは暦、エネルギー、手仕事、
自家発電など。著書「わたしにつながるいのちのために」
「今、わたしにできること〜目に見えないものをみ
つめて生きていく〜」他。
http://takafumitomita1320.
cocolog-nifty.com/blog/

●開催日時:2013 年12 月13 日(金)19 じ〜
●開催場所:福岡市中央区薬院4-3-7
      フローラ薬院2F
      環境未来センター希望 研修室
●参加料:1500
円(一人一品持ち寄り。みんなと
シェアしたい食べ物をお持ちください。)
●ご予約
 メール:tamami@npo-kibo.jp
 お電話: 092-522-8332
     ( 平日9 時〜 17 時 )
1426715_620659377972713_1073522294_n.jpgをダウンロード

2013年11月24日 (日)

足袋茜染め試作中。重ね染めしてたらブーツ風になってきた。こいつはまだ育つ。ちなみにズボンも育成中。

足袋茜染め試作中。重ね染めしてたらブーツ風になってきた。こいつはまだ育つ。ちなみにズボンも育成中。

2013年11月23日 (土)

大成功太郎とFoodVision@JikonkaSeki。冬は補腎。

大成功太郎とFoodVision@JikonkaSeki。冬は補腎。

冨貴工房12月のスケジュール

12月の冨貴工房スケジュールです。

どうぞよろしくお願いします◎・

・・・・・・
【冨貴工房・2013年12月スケジュール】

12月17日
『ロケットストーブ作りとこれからの住まいを語らう座談会』
講師:山納敏之(ネイチャー・ワーシップ)
時間:13時~18時
参加費:2000円+材料費
□材料費は仕様によって金額が変わります(6000円~9000円)。詳しくはお申し込みの際にご案内します。
□ワークショップの後は、ロケットストーブを使って手前味噌寄せ鍋をおこないます(カンパ&食材持ち寄り歓迎)

12月20日
『地球暦ワークショップ~太陽系円盤を動かしてみる~』
地球暦は私たちのいる太陽系の姿を、1兆分の1の縮図で時空間の地図として表したものです。暦というと日付や数字に意味がある様に思いますが、その本質は自分の今生きている位置を宇宙的な視点で知ることです。地球はまぁるく、年・月・日という時間もまぁるい円で回っています。その当たり前の動きを円盤の上で、あらためて眺めてみると、自分の人生も星たちのめぐりと同様に、宇宙の壮大な物語の一部であることが自然と理解できることでしょう。地球暦の円盤の簡単な見方と、その感じ方のヒントを考案者である杉山開知さんが独自の視点と感性で語ります。初めての方からすでに地球曆を知っている方まで、何度でも聞きたくなるテーマです。
時間:13時~16時
講師:杉山開知
助手:冨田貴史
参加費:3000円

『太陽系時空間・音・映・地球暦2014~杉山開知ライブ~』
星の数ほどある、時の体系のバリエーション。時間は、人類の意識とともに進化し、時代は今、一歩前進しようとしている。地球から銀河を舞台に生きる私たちは、再び新たな時間を創造したいと思う。地球の運行そのものを通して、太陽中心に一つになる時の価値観。惑星という天然の時計の針を、記憶というレコードにかけ、円盤を回す。宇宙の音楽に耳を澄ますと…、聞こえてくる、Planetary Revolution.
時間:19時~21時
ライブ:杉山開知
参加費:3000円

12月22日
『東洋医学治療師と作る大成功!補腎鉄火味噌作りと冬の養生の話』
東洋医学の視点から分かりやすく季節の養生を学びながら、大成功太郎先生のセレクトによる六年物高麗人参や乾姜末の入った究極の補腎(腎気を補う)鉄火味噌を作ります。
時間:11時~17時
講師:宮崎大成功晃太郎(十字の漢方代表)
参加費:4500円(補腎鉄火味噌+鉄火味噌お結び付)

12月25日
『好きな時間帯に好きなものを染める茜染めワークショップ』
好きなものを持ってきて茜染めできる1日。染めたいもの、染めたい時間帯など、お気軽にご相談ください。
時間:12時~18時
進行:冨田貴史
参加費:3000円+α(染める素材が300グラム以上の場合は参加費応相談)

12月27日
『もみ付黒炒り玄米作りワークショップ』
玄米を丹念に黒炒りした玄米は解毒力=酸化還元力が高く、お茶にして飲むとリンパ管をきれいにすることができます。リンパ管の目詰まりにって血液中の老廃物が排泄できないために起こる排泄障害、がん・リュウマチ・膠原病などに対しても効能が期待できます。
時間:11時~17時
進行:冨田貴史
参加費:3000円

□定員:各日15 名 電話かメールにてお問い合わせください。

□冨貴工房
大阪市北区中津3-17-12
(阪急中津駅から徒歩3分/地下鉄中津駅から徒歩6分)
fukikobo@gmail.com
06-6372-7281 / 080-6947-2491(冨田)

□ゲストプロフィール
■山納敏之(12月17日)
宮崎市在住。天然素材コンシェルジュ、村づくりコンサルタント、空間デザイナー、自給自足アドバイザー、里山料理研究家、販路コーディネーター、観光コーディネーター。地球環境と健康にやさしい素材を使い、「古くなればなるほど味わいが出る風景創り」「暮らす人がワクワクする夢のある景色作り」など、『健康』と『持続性』と『デザイン性』を兼ね備えた空間作りを行なっている。その「高い感性と技術」は、数々の賞を受賞し、東京ディズニーシーの風景にも採用されている。村づくりコンサルタントとして、全国の村同士のコミュニケーションと流通を産み出しながら 豊かで持続可能な暮らし方を提案し、その輪を全国に広げている。

■杉山開知(12月19日) http://www.heliostera.com/
地球暦考案者。静岡出身。音楽の専門学校卒業後、2002 年より家業を引き継ぎ、静岡にて半農半暦の生活をしている。2004 年から本格的に暦を作りはじめ、古代の暦の伝承と天体の関係を学ぶ。その過程で暦の原型は円盤型の分度器であることに気づき、太陽系を縮尺した時空間地図を2007 年に「地球暦」と名付ける。現在は制作した暦を縁ある方に「贈りもの」として配布している。

■太陽系時空間地図 地球暦
太陽系を1兆分の1 に縮尺した円盤形の暦。暦の基本単位である年月日を太陽・月・地球の位置関係で捉える単純な見方は、暦法、占術を超えた新しい時間の概念を生み出している。

■大成功 晃太郎(12月22日) http://www.woman-kanpou.com/
鍼灸学士。十字の漢方 5代目、十字の漢方代表、十字鍼灸院院長。 明治鍼灸大学卒。オーリングテスト、東洋医学、食事指導など日々悩める方を根本治癒を目指し癒している。健康を多くの人に伝えようと健康ソングを歌いながら全国でトークライブなど講演活動も精力的に行っている。

2013年11月22日 (金)


@冨貴工房。帰宅早々地下足袋を煮る。力王地下足袋コハゼ12枚白→茜染めおはぐろ媒染。濃い目!

2013年11月20日 (水)

12月20日  『地球暦・太陽系・杉山開知・感謝祭』 @冨貴工房

12月20日

『地球暦・太陽系・杉山開知・感謝祭』@冨貴工房
1157697_159757150882862_352443269_n

13時~16時
『地球暦ワークショップ~太陽系円盤を動かしてみる~』
進行:杉山開知
助手:冨田貴史
参加費:3000円

19時~21時
『太陽系時空間・音・映・地球暦~杉山開知ライブ~』
音・映・ライブ:杉山開知
冨貴手前味噌汁:冨田貴史
参加費:3000円

定員:各15名(要予約)
問い合わせ
■冨貴工房
 中津3-17-12
 (半球中津駅から徒歩3分 / 地下鉄中津駅から徒歩6分)
 fukikobo@gmail.com
 080-6947-2491(冨田)


□facebookイベントページ:p.tl/a99d

2013年11月19日 (火)

12月19日(木) 『電気の恵みに感謝するDAY withラビラビ』 @日本橋電気街→モモの家

12月19日(木)
『電気の恵みに感謝するDAY withラビラビ』
衣服や食べものがそうであるように、電気もひとつのエネ

ルギー。電気を何のために、どれだけ使う必要があるのか

。そのために必要な機器はどんなものなのか。それらをど

のように組み合わせて、どのように使っていくのか。答を

急がず、あせらず、丁寧に電気と付き合っていく。その過

程に生まれる、電気へのありがたみ。この日が電気とのよ

りよい関係を築いていく一歩になればと思います。   

 
☆昼の部 @ 日本橋
『日本橋でんでんタウン遠足~自家発電はじめの一歩~』
自家発電のための必要最低限の知識、器具の説明、電気街の歩き方ガイドなどをしてから、自由に電気街を歩いてみましょう。散策の後はそのままモモの家に移動して、組み立てや豆知識の共有の時間。工具も準備して一からアドバイスします。

10時 討論BAR シチズン集合
10時~12時 電気のキホン話。自家発電のためのアドバイス。
12時~14時 日本橋電気街(でんでんタウン)を散策、買い物
14時~15時 電車で移動(電気街→モモの家)
15時~17時 自家発電キットの組み立て@モモの家

ガイド:冨田貴史  
ゲスト:ラビラビ
参加費:2000 円(+材料費)

※小規模自家発電のための材料費はざっと6000円~10000円ほどです。パネル、バッテリーなどの基本機器については事前に取り寄せることが出来ますので、参加申し込みの際にご相談ください。また、機器の事前取り寄せを希望される方は、手配の都合上1週間前までにご連絡ください。

★夜の部 座談会&ライブ @ モモの家
『電気の今とこれから~丁寧に小さく始める自家発電のススメ』 
小さなソーラーパネルとバイク用小型バッテリーで、照明と通信機器と音楽機材の電気をまかないながら旅を続けるラビラビをゲストに招いての座談会と、ラビラビ発電所「ラヴ1号」による自家発電ライブ。暮らしと世界のこれからを明るく照らす知恵とアイデアを光換していきましょう

19 時~ 21 時 
進行:冨田貴史  
ライブ:ラビラビ
参加費:2000 円
出店:BARこじかとオオカミ/どいぱん(武藤北斗さんの海老を使った海老バーガー!)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★ラビラビ http://www.rabirabi.com/
ふたりの打楽器と声の独創楽団。場と一体となり、抑揚と瞬発力にあふれた音を次々と繰り出す。国境, 人種, 時空を軽々と超えるサウンドは「縄文トランス」と呼ばれ人々をDance Heaven へと導く。五芒星を描くように年間100 本を超えるライヴを行う。日本のみならず世界を駆け回るネオネイティブな3人組。

★冨田貴史 takafumitomita1320@yahoo.co.jp
京都在住。養生のための冨貴工房代表。全国各地で年間300本以上のイベント・ワークショップをおこなう。ワークショップのテーマは暦、エネルギー、味噌作り、褌作り、茜染め、自家発電など。

☆BARこじかとオオカミ
酒好きのこじかとアテ好きなオオカミの出張BAR

☆武藤北斗 (パプアニューギニア海産)http://pngebi.greenwebs.net/
宮城で被災し、大阪府へ移住。パプアニューギニアの天然海老をオーガニックショップ等に販売。夜の部のトークに参加できるかも!?

☆どいぱん
国産小麦・天然酵母のパンを大阪近辺のイベントに不定期に出店。オーガニックの材料を使い、マクロビオティックの考えをベースにパンや素朴なおやつをつくっています。

開催場所
■討論BAR シチズン
大阪市浪速区日本橋5丁目14-20越前ビル1F
(地下鉄堺筋線「恵美須町駅」1-B 出口より南へ徒歩2、3分/堺筋から「すき屋の牛丼」の角を曲がってすぐ)
電話:06-6537-7672
■モモの家 http://momo-family.org/
大阪府吹田市泉町5-1-8 (阪急千里線「吹田」駅より徒歩5分) 
電話:06-6337-8330

問い合わせ&申し込み
・トミタタカフミ
090-6947-2491
fukikobo@gmail.com
・スズキヨウ
090-7969-2628 
yo.bino.yo@gmail.com


Ncm_1662
Ncm_1679
Ncm_1668

2013年11月18日 (月)

12月 冨貴工房ワークショップのラフ告知

FB書き込みにかまけて、、肝心の工房でのワークショップのフライヤーが後回し。
反省(涙)
なので、とりあえずわかってること書いておきます。
12月17日
『ロケットストーブ作りとこれからの住まいを語らう座談会』
講師:山納敏之(ネイチャー・ワーシップ)
時間:13時~18時
参加費:2000円+材料費
◎材料費は仕様によって金額が変わります(6000円~9000円)
詳しくはお申し込みの際にご案内いたします
◎ワークショップの後は、ロケットストーブを使った手前味噌寄せ鍋会(カンパ&食材持ち寄り歓迎です)
12月20日
『地球暦ワークショップ~太陽系円盤を動かしてみる~』
講師:杉山開知
時間:13時~16時
参加費:3000円
同日
『太陽系時空間・音・映・地球暦~杉山開知ライブ~』
時間:19時~21時
参加費:3000円
12月22日
『東洋医学治療師と作る最強補腎鉄火味噌』
講師:宮崎大成功晃太郎(十字の漢方代表)
時間:11時~17時
参加費:4500円(鉄火味噌お結び付)
以上です。
そして12月19日は会場を日本橋電気街とモモの家に移し、、
電気街遠足と電気の自給座談会&自家発電ラビラビライブ。
参加者みなさんが小さな発電所長になれるよう、
がっちりサポートします。
詳細はまもなくドロップします。
そして、、、
12月25日
茜染めワークショップ
久しぶりの工房での染めワーク。
好きなものを持ってきて好きに染めてくれ!バージョンにしようと思います。
12月27日
もみ付黒炒り玄米作りワークショップ
って感じっす。
工房でのイベントはすべて定員15名。
今から予約受け付けます。
冨貴工房
大阪市北区中津3-17-12
fukikobo@gmail.com

2013年11月17日 (日)

11月30日 映画『紫』上映&トークライブ @沼袋・荻窪

ずっと見たかった映画。
楽しみにしてます。
みなさんもぜひ☆

以下、高月美樹さんのブログより。
http://p.tl/E8am

・・・・・・

川瀬美香監督の映画『紫』上映&トークライブ 高月美樹 × 冨田貴史

日にち :2013年11月30日(土)
時間 :14時~16時 場所 :沼袋・シルクラブ http://silklab.com/
住所 :中野区沼袋2-30-4(西武新宿線沼袋駅から徒歩3分)03-3389-4301
時間 :17時~20時 場所 :荻窪かふぇ&ほうる with遊 http://cafewithyou.web.fc2.com/
住所 :杉並区荻窪3-46-13 (荻窪駅から徒歩8分) 03-6661-2336
参加費 :2,000円(茶菓子付き)
お問い合わせ・申込先 :info@lunaworks.jp

植物だけの色、途絶えかけた日本の心。緑葉で染める藍、黄赤色の花をつける紅、漢方薬のような香りの黄、白い花をつける幻の紫草。かつて日本の色には独特のニュアンスがあった。風土が育んだ植物染料だけが表現できた色。出演:吉岡幸雄、福田伝士(染司よしおか) 荻窪上映後、大阪で茜染めを主体とした「冨貴工房」を営む冨田貴史さんと草木染めや原始布、日本の衣についてのトークライブを予定しています。


Murasaki_big

11月23日 FOOD VISION 日本を知る 暦と食 vol.4 @JIKONKA SEKI

第四回目のFOOD VISION。
やっぱし冬は補腎でしょ。
陽気を養い腎気を蓄え、骨を休め骨を作る。
ひきしめ、きわめ、転じていく。
しかもこの冬は木星と冥王星を中心に太陽系オーケストラはかなりクライマックスなミュージックを奏でているので、その辺の話もしっかりシェアしたいと思います。
http://p.tl/9f2i

・・・
2013年11月23日(土)11:00〜14:00
Jikonka SEKI カフェスペースにて
参加費3,500円(定員25名、ごはん付)
TALK:冨田貴史 宮崎康太郎
FOOD:まっきーごはん

今や旧暦とされている日本古来の暦。
気候、風土、暮らし、食、、、
日本文化そのものを表す暦を知り
身近に感じることで私たちの暮らしを
もっと自然を感じ、豊かなものへと。
太陽と月があるように
ものごとには陰陽があります。
自分のからだも陰陽あわせもつことを知れば
より気持ちよく生きられるのではないでしょうか。
暦と陰陽の自然のリズムに合わせた日本の食文化、
今、そしてこれからにつながる暮らしのお話です。

vol.1、2,3に続き、この季節にまつわるお話を
存分にして頂きます。ぜひご参加くださいませ。

○冨田貴史○プロフィール
千葉県出身 京都府在住
旧暦、地球歴、生物多様性、お金、原発、
エネルギー、腰の健康、ふんどしなどをテーマにした
ワークショップを全国各地で年間200本以上行うファシリテーター。
鎌仲ひとみ監督の『六ヶ所村ラプソディー』を
全国120か所で上映し、同監督の『ミツバチの羽音と地球の回転』の
制作に携わる。

○宮崎康太郎○プロフィール
愛知県春日井市にある十字の漢方代表。
アメリカにて玄米菜食、食事療法マクロビオティックを学ぶ。
食事指導、漢方、鍼灸、カウンセリング、ダウジング、
チャネリングにより全国からの悩める患者さんを癒す。
また、全国各地で大人から子供までわかりやすい
陰陽セミナーを開く。

FOOD ○まっきーごはん○
陰陽五行に基づき、暦を意識しながら
玄米や旬の野菜を使っていろどりゆたかなご飯を作る。
愛知県周辺のイベントへのケータリング、料理教室等で
活躍する二児のハハ。
お問い合わせ、ご予約は
お電話またはメールにて承ります。

開催日時 2013年11月23日(土)11:00〜14:00
料金 3,500円(お昼ごはん付)
TALK 冨田貴史 宮崎康太郎
FOOD まっきーごはん

開催場所 Jikonka SEKI
〒 519-1112三重県亀山市関町中町596(Map)
お問い合わせ 0595-96-3339//seki@jikonka.com

2013年11月16日 (土)

11月24日 高架下音楽祭に「冨貴ヘンプ商店」出店します。

11月24日に中津界隈で行われる「高架下音楽祭」に冨貴工房も参加します。


当日は11時~17時に「冨貴ヘンプ商店」として出店・販売します。

冨貴工房ガールズによる新作下着waccaや天然酵母パン、定番の茜染め麻ふんどし、ヘンプコットンTシャツ、手ぬぐいの販売、ゴールドフィンガーヒーリング体験などを展開予定です。
この日は僕は不在ですが、ガールズが楽しく盛り上げます!

Photo
(当日販売予定のヘンプガーゼのストール)

また、この高架下(うちは区画に入っていませんが)は耐震見直しのためと称して、
来年3月に強制立ち退きをするようにお達しが来ています。

今どき貴重なめっちゃゆるくて素晴らしいエリア、開発しないでほしいっす。
(高架下立ち退きに関する署名も集めてます)
ぜひ足を運んでくださいね。
高架下音楽祭↓

2013年11月14日 (木)

「みんなでつくる民主主義」街頭アクション編。三軒茶屋商店街で秘密保護法シール投票やってます。

「みんなでつくる民主主義」街頭アクション編。三軒茶屋商店街で秘密保護法シール投票やってます。

2013年11月11日 (月)

11月11日(月) 憲法CAFÉ vol.3 ~憲法変えなくても戦争できる? 解釈改憲ってなんだろう~ from Earth Cafe OHANA (ふろむあーすカフェ・オハナ)

11月11日(月)
憲法CAFÉ vol.3 ~憲法変えなくても戦争できる? 解釈改憲ってなんだろう~
from Earth Cafe OHANA (ふろむあーすカフェ・オハナ)
お話:安部芳裕
今日の話の内容をシェアします。
(安部さん作成の資料に少し加筆しました)
■法律と憲法の違い
・法律は、国民の自由を制限して、社会の秩序を維持するためのもの
=国民に対する歯止め
 
・憲法は、国家権力を制限して、国民の人権を保障するもの
=国家に対する歯止め
■天賦人権説
『すべて人間は生まれながら自由・平等で幸福を追求する権利をもつ。 』
 
18世紀のジャン・ジャック・ルソーなど啓蒙思想家により主張され、
フランス人権宣言や米国独立宣言に具体化。
 
・絶対王政
君主に主権(政治についての決定権)が存する
・民主主義
天賦人権説が広まるにつれて「人民にこそ主権が存する」という主張が台頭
⇒普通選挙制の確立
■近代立憲主義
『個人の人権を保障するために、権力の行使を憲法で制限するという考え方』
 
国王の横暴に歯止めをかけるために生まれた
 
民主主義社会においては「多数派による権力行使に歯止めをかける」という意味合いを持つ
■憲法の必要性
多数派の意見が必ずしも正しいわけではない。
多数派の意見(法律)にも歯止めが必要。
 
多数派の意見でも奪えない価値がある。
(例:「人権」、「平和」)
■自民党改憲案
【現】第99条
天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
【改】102条
 全て国民は、この憲法を尊重しなければならない。
2国会議員、国務大臣、裁判官その他の公務員は、この憲法を擁護する義務を負う。
本来、国民には憲法を守る義務はない。
国民には国家権力を行使する者に憲法を守らせる義務がある。
天皇・摂政を削除=憲法を超越した存在へ?
改憲1条では天皇は元首に。
【現】第二章 戦争の放棄
第9条
1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
【改】第二章 安全保障
第9条(平和主義)
1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動としての戦争を放棄し、武力による威嚇及び武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては用いない。
2 前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない。
自衛権と集団的自衛権。
アメリカの自衛権は「防衛のためなら先制攻撃も辞さない」というもの。
日本が集団的自衛権を行使できるようになれば、アメリカの戦争にこれから巻き込まれていくようになる。
【新】第9条の2(国防軍)
1 我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する。
2 国防軍は、前項の規定による任務を遂行する際は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。
3 国防軍は、第一項に規定する任務を遂行するための活動のほか、法律の定めるところにより、国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動及び公の秩序を維持し、又は国民の生命若しくは自由を守るための活動を行うことができる。
「公の秩序」維持のためなら国内でも活用できる。
4 前2項に定めるもののほか、国防軍の組織、統制及び機密の保持に関する事項は、法律で定める。
この条文に関する法律のひとつが「特定秘密保護法」
 
5 国防軍に属する軍人その他の公務員がその職務の実施に伴う罪又は国防軍の機密に関する罪を犯した場合の裁判を行うため、法律の定めるところにより、国防軍に審判所を置く。
この場合においては、被告人が裁判所へ上訴する権利は、保障されなければならない。
軍隊組織の中に審判所を置く。
「今の自衛隊法だと隊員が逃げても軽犯罪になる。改憲すれば死刑にできる。」(自民党石破議員)
【新】第9条の3(領土等の保全等)
国は、主権と独立を守るため、国民と協力して、領土、領海及び領空を保全し、その資源を確保しなければならない。
  ↓
国民が国防義務を課される。
国民の国防義務=徴兵制も可能?
【現】第12条
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。
【改】第12条(国民の責務)
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力により、保持されなければならない。国民は、これを濫用してはならず、自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公益及び公の秩序に反してはならない。
この改憲案には「義務と責任を負わせる」という特徴がある。
【現】第13条
すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
【改】第13条(人としての尊重等)
全て国民は、人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公益及び公の秩序に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大限に尊重されなければならない。
「個人」→「人」
個人は尊重されない?
国家に役立つ人間であれば尊重される。
「公共の福祉」→「公益及び公の秩序」
現在の憲法の最高の価値は「人権」
「他人の人権と衝突する場合がある。人権と人権がぶつかる場合は譲り合わなければならない。」が「公共の福祉」の意味。
公益は誰が判断する?政府。
公の秩序は誰が判断する?政府。
【現】第18条
何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。
【改】第18条
  何人も、その意に反すると否とにかかわらず、社会的又は経済的関係において身体を拘束されない。
2 何人も、犯罪による処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。
「いかなる奴隷的拘束も受けない」が変更
政治的、軍事的には拘束可能?
【現】第19条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。
  ↓
【改】(思想及び良心の自由)
第19条 思想及び良心の自由は、保障する。
 
第19条の2(個人情報の不当取得の禁止等)
何人も、個人に関する情報を不当に取得し、保有し、又は利用してはならない。
取材、署名運動、連絡網作成などが行いにくくなる?
【現】第21条
集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
  ↓ 
【改】第21条
集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、保障する。
2 前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない。
政府が「公益及び公の秩序を害する」と判断すれば、 デモ、抗議行動、言論などを規制することが可能?
【現】第36条
公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。
【改】第36条
公務員による拷問及び残虐な刑罰は、禁止する。
「絶対に」を削除!
公益及び公の秩序を害すれば拷問及び残虐な刑罰の可能性も?
【現】第66条
1 内閣は、法律の定めるところにより、その首長たる内閣総理大臣及びその他の国務大臣でこれを組織する。
2 内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない。
3 内閣は、行政権の行使について、国会に対し連帯して責任を負ふ。
【改】第66条(内閣の構成及び国会に対する責任)
1 内閣は、法律の定めるところにより、その首長である内閣総理大臣及びその他の国務大臣で構成する。
2 内閣総理大臣及び全ての国務大臣は、現役の軍人であってはならない。
3 内閣は、行政権の行使について、国会に対し連帯して責任を負う。
「文民」→「現役の軍人でなければ可」に変化。退役軍人が総理大臣になることが可能に。
【新】第九章 緊急事態
(緊急事態の宣言)
第98条 内閣総理大臣は、我が国に対する外部からの武力攻撃、内乱等による社会秩序の混乱、地震等による大規模な自然災害その他の法律で定める緊急事態において、特に必要があると認めるときは、法律の定めるところにより、閣議にかけて、緊急事態の宣言を発することができる。
 
(緊急事態の宣言の効果)
第99条 緊急事態の宣言が発せられたときは、法律の定めるところにより、内閣は法律と同一の効力を有する政令を制定することができるほか、内閣総理大臣は財政上必要な支出その他の処分を行い、地方自治体の長に対して必要な指示をすることができる。
〈中略〉
3 緊急事態の宣言が発せられた場合には、何人も、法律の定めるところにより、当該宣言に係る事態において国民の生命、身体及び財産を守るために行われる措置に関して発せられる国その他公の機関の指示に従わなければならない。この場合においても、第十四条、第十八条、第十九条、第二十一条その他の基本的人権に関する規定は、最大限に尊重されなければならない。
第九章 改正
 
【現】第96条
この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。
 
② 憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。
【改】第100条
この憲法の改正は、衆議院又は参議院の議員の発議により、両議院のそれぞれの総議員の過半数の賛成で国会が議決し、国民に提案してその承認を得なければならない。この承認には、法律の定めるところにより行われる国民の投票において有効投票の過半数の賛成を必要とする。
 
2 憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、直ちに憲法改正を公布する。
【現】第十章 最高法規
第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由
獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び
将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
全文削除!
■参院選
衆議院:自民で2/3
参議院:憲法改正に必要な2/3に改憲派(自民・維新・みんな)が満たなかった。
憲法改正から解釈改憲へ変更か!?
8月8日、内閣法制局長官を集団的自衛権行使容認派の小松一郎(前駐仏大使)氏へ。
 
今秋、臨時国会で国家安全保障会議(日本版NSC)設置法案と秘密保全法案を提出。
安全保障について総理大臣、官房長官、外務大臣、防衛大臣で決められる。
内容は軍事、外交、エネルギー、食糧など。
来年、通常国会で「共謀罪法」と「国家安全保障基本法案」を提出する予定。
共謀罪・・・未遂でも逮捕できる。常に国民を監視できるようにした上で。
国家安全保障法・・・「この法律が通れば集団的自衛権を行使できる」と安陪政権は考えている。
※別途、武力攻撃事態法と対になるような「集団自衛事態法」(仮称)、及び自衛隊法における「集団自衛出動」(仮称)的任務規定、武器使用権限に関する規定、そして国際平和協力法案の整備を終えたら集団的自衛権の行使可能へ。
■「特定秘密保護法」政府原案の概要
・我が国の安全保障に関する情報のうち特に秘匿の必要がある特定秘密を行政機関の長が指定
・特定秘密の有効期間は5年以内。延長も可能
内閣の承認があれば、現時点での公文書公開義務がある発行から30年経っても、秘匿期間の延期が可能になる。
・特定秘密を扱えるのは原則、適性評価で認められた者
 
・適性評価は、特定有害活動及びテロリズムとの関わりや犯罪歴、飲酒、精神疾患、薬物の乱用、経済状況、家族の国籍などについて実施
国家公務員約65000人が対象。
武器産業や政府委託で研究をしている人なども対象。
・特定秘密を扱う者による漏洩は10年以下の懲役及び1千万円以下の罰金。
「または」ではなく「および」。二重懲罰。
・人をあざむく、暴行、脅迫、窃取、不正アクセス行為、その他の特定秘密を保有する者の管理を害する行為により、特定秘密を取得した者は10年以下の懲役
「その他の」とあるので、対象はどこまでも拡大できる。
・未遂、共謀、教唆、扇動した者も処罰される 取り締まられる行為
未遂でも犯罪。共謀=はかりごとをした段階で犯罪。
そそのかしたり、あおるだけで犯罪。
・漏洩行為(故意) ⇒ 取扱者10年 提供者5年
・過失による漏洩 ⇒取扱者2年 提供者1年
書類を落とした、データを消し忘れたなども犯罪対象。
 
・特定取得行為 ⇒ 10年
 
・未遂(既遂と同じ)
・共謀 ⇒取扱者5年 提供者3年
 
・教唆 ⇒取扱者5年 提供者3年
 
・扇動 ⇒取扱者5年 提供者3年
 
・自首して密告した場合、減刑か免除
 
・国外犯も処罰
外国人ジャーナリストなど。
■特定秘密の対象
【防衛に関する事項】
※自衛隊法第九十六条の二の別表第四とほぼ同じ 
イ 自衛隊の運用又はこれに関する見積もり若しくは計画若しくは研究
 
ロ 防衛に関し収集した電波情報、画像情報その他の重要な情報
 
ハ ロに掲げる情報の収集整理又はその能力
 
ニ 防衛力の整備に関する見積もり若しくは計画又は研究
 
ホ 武器、弾薬、航空機その他の防衛の用に供する物(船舶を含む)の
種類又は数量
 
ヘ 防衛の用に供する通信網の構成又は通信の方法
 
ト 防衛の用に供する暗号
 
チ 武器、弾薬、航空機その他の防衛の用に供する物又はこれらの物の
研究開発段階のものの仕様、性能又は使用方法
 
リ 武器、弾薬、航空機その他の防衛の用に供する物又はこれらの物の
研究開発段階のものの製作、検査、修理又は試験の方法
 
ヌ 防衛の用に供する施設の設計、性能又は内部の用途 
自衛隊法の内容と重複する。
つまり特定秘密保護法案は防衛のためにあるわけではない。
【外交に関する事項】
 
イ 安全保障に関する外国の政府又は国際機関との交渉又は協力の方針又は内容
 
ロ 安全保障のために我が国が実施する貨物の輸出若しくは輸入の禁止その他の措置又はその方針
 
ハ 安全保障に関し収集した条約その他の国際約束に基づき保護することが必要な情報その他の重要な情報
 
ニ ハに掲げる情報の収集整理又はその能力
 
ホ 外務省本省と在外公館との間の通信その他の外交の用に供する暗号
 
※国家安全保障戦略原案:自由貿易体制の強化(10/21)
イ「 安全保障に関する外国の政府又は国際機関との交渉又は協力の方針又は内容」の具体的対象の一つはTPP。
安倍政権はTPPは安全保障のためと認識している。
  【特定有害活動の防止に関する事項】
 
イ 特定有害活動による被害の発生若しくは拡大の防止(特定有害活動の防止)のための措置又はこれに関する計画若しくは研究
 
ロ 特定有害活動の防止に関し収集した外国の政府又は国際機関からの情報その他の重要な情報
 
ハ ロに掲げる情報の収集整理又はその能力
 
ニ 特定有害活動の防止の用に供する暗号
 
※特定有害活動とは、公になっていない情報のうちその漏えいが我が国の安全保障に支障を与えるおそれがあるものを取得するための活動、核兵器、軍用の化学製剤若しくは細菌製剤若しくはこれらの散布のための装置若しくはこれらを運搬することができるロケット若しくは無人航空機又はこれらの開発、製造、使用若しくは貯蔵のために用いられるおそれが特に大きいと認められる物を輸出し、又は輸入するための活動その他の活動であって、外国の利益を図る目的で行われ、かつ、我が国及び国民の安全を著しく害し、又は害するおそれのあるものをいう。
想定できるものは原発関係の情報。
新しい原子力基本法案には「原子力はわが国の安全保障に資することを目的とする」という文言が追加されえいる。
なので原子力に関する情報も安全保障に関する情報として秘匿できる。
【テロリズムの防止に関する事項】
 
イ テロリズムによる被害の発生若しくは拡大の防止(テロリズムの防止)のための措置又はこれに関する計
画若しくは研究
 
ロ テロリズムの防止に関し収集した外国の政府又は国際機関からの情報その他の重要な情報
 
ハ ロに掲げる情報の収集整理又はその能力
 
ニ テロリズムの防止の用に供する暗号・テロリズムによる被害の発生・拡大の防止のための措置またはこれに関する計画
 
※テロリズムとは、政治上その他の主義主張に基づき、国家若しくは他人にこれを強要し、又は社会に不安若しくは恐怖を与える目的で人を殺傷し、又は重要な施設その他の物を破壊するための活動をいう。
「又は」が2つ。
「その他」によって解釈はどこまでも拡大できる。
国家若しくは他人に強要をおこなった時点でテロリストと位置づけられる。
第二十一条 この法律の適用に当たっては、これを拡張して解釈して、国民の基本的人権を不当に侵害するようなことがあってはならず、国民の知る権利の保障に資する報道又は取材の自由に十分に配慮しなければならない。
新しい修正案。
罰則規定がない。
努力規定でしかない。
「がんばります」ということ。
 
2 出版又は報道の業務に従事する者の取材行為については、専ら公益を図る目的を有し、かつ、法令違反又は著しく不当な方法によるものと認められない限りは、これを正当な業務による行為とするものとする。
「著しく不当な方法」←解釈は政府。「これは著しく不当だ」と判断すればどこまでも言いがかり可能。
「正当な業務」=発せられる情報が大本営発表ばかりになっていく危険性が高い。
第九条
特定秘密を保有する行政機関の長は、その所掌事務のうち別表に掲げる事項に係るものを遂行するために必要があると認めたときは、外国の政府又は国際機関であって、この法律の規定により行政機関が当該特定秘密を保護するために講ずることとされる措置に相当する措置を講じているものに当該特定秘密を提供することができる。
■秘密保護に関する法律の歴史
・1954年 「MDA法」(日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法)
 
・1960年 「刑事特別法」
(日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う刑事特別法)
※日米安全保障に関して発生する「秘密」を守るための法律。
・1985年 「スパイ防止法案」
(国家秘密に係るスパイ行為等の防止に関する法律案)
 
外交・防衛上の国家機密事項に対する公務員の守秘義務を定め、これを第三者に漏洩する行為の防止を目的とする。 禁止ないし罰則の対象とされる行為は既遂行為だけでなく未遂行為や機密事項の探知・収集と
いった予備行為や過失による漏洩も含まれる。
最高刑は死刑または無期懲役。 野党やマスコミ、市民などの猛反対にあい、審議未了で廃案。
※勝共連合が「スパイ防止法」制定運動を展開
世界基督教統一神霊協会(統一教会)の教祖、文鮮明が1968年1月13日に韓国で、同年4月、日本で創設した。日本においては、戦後の日本を「反共主義の防波堤」と位置づけるアメリカの対日政策の転換(1950年代の逆コース)もあり、岸信介・笹川良一・児玉誉士夫らが勝共連合の設立に尽力したとされる。
・1991年 「ソ連の崩壊」⇒冷戦の終了
 
・2001年9月「テロとの戦い」の開始
 
・2001年10月「自衛隊法改正」
 
「テロ対策支援法案」とともに国会に上程。
防衛秘密の漏洩に関して、民間人が処罰の対象に加えられた。
・2005年10月
「日米同盟:未来のための変革と再編」
日米の安全保障協力の対象が極東から世界に拡大
「日米同盟の深化」=米国と自衛隊の一体化=米軍の指揮下に自衛隊が入った。
米軍の機密が自衛隊経由で漏れるのは困る。
安全保障協議委員会において、閣僚が、関連当局の間でより広範な情報共有が促進されるよう、共有の秘密情報を保護するために必要な追加的措置をとる約束を表明。
・2007年 軍事情報包括的保護協定
同盟国で秘密軍事情報を提供し合う際、第三国への漏洩を防ぐために結ぶ協定。
 
「軍事情報包括的保護協定 」
第六条 秘密軍事情報を保護するための原則
 
(a)秘密軍事情報を受領する締約国政府は、当該情報を提供する締約国政府の事前の書面による承認を得ることなく、第三国の政府、個人、企業、機関、組織又は他の団体に対し、当該情報を提供しないこと。
 
(b)秘密軍事情報を受領する締約国政府は、自国の国内法令に従って、秘密軍事情報について当該情報を提供する締約国政府により与えられている保護と実質的に同等の保護を与えるために適当な措置をとること。
・2008年4月 「秘密保全法制のあり方に関する検討チーム」が設けられ、法制化に向けた本格的な検討。
 
・2009年7月 「情報保全の在り方に関する有識者会議」の第1回会合が開催。
 
・2009年9月
民主党に政権交代。有識者会議は中断。
 
・2010年10月
尖閣ビデオ流出問題。
 
・2011年1月
「秘密保全のための法制のあり方に関する有識者会議」第1回会合が開催。
議事録はない。
「メモは全員廃棄した」
情報開示請求をしたところ、ほぼ黒塗りで出てきた。
・2013年9月3日~9月17日  パブリックコメントを募集。
9万480件の意見が寄せられ、反対が77%、賛成は13%
パブコメの期間も短い。
コメント内容も非公開にしている。
 
・2013年秋の臨時国会
国家安全保障会議(日本版NSC)設置法案とともに、「特定秘密保護法案」として国会に提出。
会期は12月6日まで。
ここで通そうとしている。
■日米防衛協力の指針(ガイドライン)を協議(2013年10月3日)
「両国の戦略的な構想は、アジア太平洋地域およびこれを超えた地域における安全保障及び防衛協力の拡大を基礎としていく」
「これを超えた地域」=世界中。
世界中に米軍とともに自衛隊が出て行く。
「特に情報保全を一層確実なものとするための法的枠組みの構築における日本の真剣な取組を歓迎し、より緊密な連携の重要性を強調した」
■特定秘密保護法案の問題点
・特定秘密に対して第三者がチェックする仕組みがない。
 
・いかようにも解釈できる=恣意的運用が可能
 
・「更新可能」なので半永久的に秘密にすることが可能。
 
・公務員だけでなく、政府関連の仕事をする研究者や民間企業の労働者、国会議員にも広く秘密保持義務が課せられて処罰対象になる。
議員の情報請求が制限される。
・「適正評価制度」でプライバシーまで調査される。
 
・収集された個人情報の目的外利用や外部漏洩の危険性。
・故意・過失を問わず秘密漏洩は処罰。
 
・公務員法は懲役1年以下で、自衛隊法は懲役5年以下
→最高懲役10年の厳罰化。
 
・特定秘密を公開するルールがない。
→永久に秘密にできる=歴史の検証ができない。
 
・未遂と共謀については自首により減刑または免除。
→密告の推奨、おとり捜査も可能。
 
・知る権利、取材・報道の自由が侵害される。
 
・国会や裁判での事実把握や追及も困難になる。
逮捕されても「なぜ逮捕されたかわからない」
・罪刑法定主義に反する
「これをやってはいけません。これだけやったらこういう刑になりますよ。」
と事前に内容を把握させるのが通常。
この法律では、いつ誰がなぜ逮捕されるかわからない。
 
・取材活動が教唆などとして罪に問われかねないので萎縮効果が大きい。
 
・言論・表現の自由、学問・研究の自由などが奪われる。
 
・情報公開と自由な議論が民主主義の原則だが、形骸化する。
 
・チェック機能が無効になるので、政府の暴走を許す恐れがある。
 
・大本営発表による情報支配、情報統制が可能になる

2013年11月10日 (日)

デモ@名古屋若宮大通。この後はライブ。夜はアイカフェでいきものカフェ。合流よろしく〜◎

デモ@名古屋若宮大通。この後はライブ。夜はアイカフェでいきものカフェ。合流よろしく〜◎

@瑞浪超深地層研究所。核廃棄物を埋める為の研究。すでに右建物地下に直径6m深さ500mの立坑を掘っています

@瑞浪超深地層研究所。核廃棄物を埋める為の研究。すでに右建物地下に直径6m深さ500mの立坑を掘っています

2013年11月 9日 (土)

いきものカフェ@モモの家。在日米軍基地の七割強が沖縄に。

いきものカフェ@モモの家。在日米軍基地の七割強が沖縄に。

2013年11月 8日 (金)

夕陽@岡山

夕陽@岡山

2013年11月 7日 (木)

@冨貴工房。褌用麻布の茜染め。FUN×FUN様に納品致します。

@冨貴工房。褌用麻布の茜染め。FUN×FUN様に納品致します。

@冨貴工房。群馬県産大麻の精麻を茜染め。カウアイの友人に送ります。

@冨貴工房。群馬県産大麻の精麻を茜染め。カウアイの友人に送ります。

『特定秘密保護法案ってなんだろう? 』 後半編 11月6日(水) @モモの家

今日の勉強会の後半部分、質疑応答やディスカッションのメモです。

特定秘密保護法案ってなんだろう? 』 後半編

116日(水) @モモの家

話:安部芳裕 進行:冨田貴史

・特定秘密保護法と国家安全保障局(日本版NSC)設立と共謀罪の制定

特定秘密保護法、NSC設立、共謀罪制定への動きは連動している。

集団的自衛権の行使ができる国家作り。

日本にとっての「集団的自衛権の行使」のパートナーはアメリカ。

アメリカの自衛権の定義は国際社会において特殊な「先制攻撃を認める」ものである。

この定義によって、アメリカのアフガンやイラクへの軍事侵攻が正当化されている。

上述のような法や体制の整備への要求はアメリカから来ている。

アメリカの軍隊と日本の自衛隊が一体化するという現在の方針はつまり「自衛隊がアメリカ軍の参加におかれる」ということ。

現在そのような流れの中で、先制攻撃をする=戦争を仕掛けることのできる体制づくりが総合的に進められている。

アメリカとしては今後日本の自衛隊経由でアメリカの機密情報が漏洩することを避けたい。

そのような意図のための法整備のひとつが特定秘密保護法の制定。

・スパイ防止法について

特定秘密保護法案の前身とも言われる通称「スパイ防止法案」は1985年に議員立法として自民党議員から提出されたが審議未了廃案となった法律案。

・シール投票の現場から

東京や大阪の街頭で行われているシール投票。

賛成は非常に少なく、多くは反対か「わからない」という回答。

その内容を知る人はまだまだ少ないし、知れば反対だと答える人も少なくないことが予測される。

・議員は法案を知っているのか

たぶん知る人は少ないだろう。

ある人が維新の会の議員に会いに行って保護法案について尋ねたところ、その議員は内容を知らなかった。「自民党を選んだのはあなたたちで、その自民党が多数派をとったのだから仕方ない」と言われた。

おそらく全議員の中で言ってもその内容を知らないし、この法案が通れば議員による情報開示請求など様々な活動に制限が生じる危険性についても認識していない議員が多いのではないか。

まだまだロビイング、ブリーフィング(情報提供)が足りていないし、その小さな積み重ねが大切。

・メディアはどうか

テレビではほとんどその内容を報じられていない。

新聞では現在、朝日、毎日、東京は反対の立場らしい。

TPPや原発と違って特定秘密保護法案について報じることに比べると、スポンサーがらみの制約はないようだ。

ただし新聞労連では、消費税増税にあたって新聞料金を対象外(または何らかの特別措置の対象)にしてもらうよう政府に交渉をしているので、その交渉に悪影響が出ないように交渉の最中は政府の方針には反発しないようにする、という方針がとられているようだ。

・法案可決を何とか先延ばしにさせて、その間に世論を動かしていく。

そのようなことができるのだろうか。

今は試行錯誤を繰り返す時。

議員へのロビイング、シール投票や街頭演説やデモなどの街頭活動、勉強会やパンフレットの配布による周知、メディアやジャーナリストへの働きかけなどなど、色々実際にやりながら考えていく。

【参考資料】

国家安全保障に関する特別委員会 委員名簿  (2013年10月31日現在)

  ※国会事務所電話・ファックス番号。

 ・額賀 福志郎(委員長)   自民  tel:03-3508-7447 fax:3592-0468 info@nukaga-fukushiro.jp
 ・中谷 元(理事)    自民  tel:03-3508-7486 fax:3592-9032 
 ・岩屋 毅(理事)    自民  tel:03-3508-7510 fax:3509-7610 info@t-iwaya.com
 ・城内 実(理事)   自民 tel:03-3508-7441 fax:3508-3921
 ・左藤 章(理事)    自民 tel:03-3508-7511 fax:508-3941
 ・上田 勇(理事)    公明 tel:03-3508-7234 fax:3508-3234
 ・藤井 孝男(理事)   維新 tel:03-3508-7015 fax:3508-3815 
 ・大島 敦(理事)    民主 tel:03-3508-7093 fax:3508-3380
以下、委員。
 ・池田 道孝 自民 tel:03-3508-7638 fax:3508-3268
 ・今津 寛 自民 tel:03-3508-7204 fax:3508-3204
 ・大塚 拓 自民 tel:03-3508-7608 fax:3508-3988 info@otsukataku.jp
 ・大野 敬太郎 自民 tel:03-3508-7132 fax:3502-5870
 ・小池 百合子 自民 tel:03-3508-7710 fax:3503-6775
 ・鈴木 馨祐   自民 tel:03-3508-7304 fax:3508-3304 office@suzukikeisuke.jp
 ・薗浦 健太郎 自民 tel:03-3508-7305 fax:3508-3305 sonoura@au.wakwak.com
 ・辻 清人   自民 tel:03-3508-7288 fax:3508-3738
 ・津島 淳 自民 tel:03-3508-7073 fax:3508-3033
 ・寺田 稔 自民 tel:03-3508-7606 fax:3508-3986
 ・中谷 真一 自民 tel:03-3508-7336 fax:3508-3336 shinichi@nakatani.tv
 ・中山 泰秀   自民 tel:03-3508-7028 fax:3508-3828
 ・西銘 恒三郎   自民 tel:03-3508-7218 fax:3508-3218
 ・野中 厚 自民 tel:03-3508-7041 fax:3508-3841
 ・橋本 岳 自民 tel:03-3508-7016 fax:3508-3816
 ・星野 剛士 自民 tel:03-3508-7413 fax:3508-3893
 ・牧島 かれん 自民 tel:03-3508-7026 fax:3508-3826  contact@makishimakaren.com
 ・町村 信孝  自民  tel:03-3508-7117 fax:3502-5061 info1@machimura.net
 ・松本 洋平 自民 tel:03-3508-7133 fax:3508-3433  yohei@rb3.so-net.ne.jp
 ・山際 大志郎 自民 tel:03-3508-7477 fax:3508-3357 amagiwadaishiro001@gmail.com
 ・遠山 清彦   公明 tel:03-3508-7225 fax:3508-3414
 ・大口 善徳 公明 tel:03-3508-7017 fax:3508-8552
 ・石原 慎太郎 維新 tel:03-3508-7201 fax:3508-3201
 ・丸山 穂高   維新 tel:03-3508-7019 fax:3508-3819
 ・山田 宏   維新 tel:03-3508-7082 fax:3508-3862  office@yamadahiroshi.com
 ・畠中 光成   みんな tel:03-3508-7244 fax:3508-3514 office@hatanaka.cdx.jp
 ・近藤 昭一   民主 tel:03-3508-7402 fax:3508-3882 g01953@shugiin.go.jp
 ・近藤 洋介   民主 tel:03-3508-7605 fax:3508-3985
 ・長島 昭久   民主 tel:03-3508-7309 fax:3508-3309 tokyo21@nagashima21.net
 ・渡辺 周   民主 tel:03-3508-7077 fax:3508-3767
 ・赤嶺  政賢   共産 tel:03-3508-7196 fax:3508-3626 akamine.kyuoki@gmail.com 
 ・玉城 デニー   生活 tel:03-3508-7284 fax:3508-3734 

2013年11月 6日 (水)

議事メモ 『特定秘密保護法案ってなんだろう? 』 11月6日(水) @モモの家

ちょっとボリュームありますが、大事な話なのでぜひ一読ください。

今日の勉強会の前半部分のメモです。

安部芳裕さんの資料PPTを基にまとめました。

『特定秘密保護法案ってなんだろう? 』

11月6日(水) @モモの家

■法案の概要

・我が国の安全保障に関する情報のうち、特に秘匿の必要がある特定秘密を行政機関の長が指定。

・特定秘密の有効期間は5年以内。延長も可能 ・特定秘密を扱えるのは原則、適性評価で認められた者

「公文書管理法」では「公文書は30年で公開する」となっているが、「特定秘密」の有効期間を延長し続ければ永遠に秘匿できる。

・適性評価は、特定有害活動及びテロリズムとの関わりや犯罪歴、飲酒、精神疾患、薬物の乱用、経済状況、家族の国籍などについて実施

このような人たちは情報を秘匿する資格を持たない、という判断が下される。

・特定秘密を扱う者による漏洩は10年以下の懲役及び1千万円以下の罰金。

「及び」に注目。懲役と罰金の二重懲罰。

・人をあざむく、暴行、脅迫、窃取、不正アクセス行為、その他の特定秘密を保有する者の管理を害する行為により、特定秘密を取得した者は10年以下の懲役

・未遂、共謀、教唆、扇動した者も処罰される

情報を聞き出そうとしただけで懲役・罰金の対象になる。

「その他の」に注目。どんな行為でも処罰対象にできる。

「未遂」でも犯罪になる。

「共謀」でも犯罪になる。

「この情報を広めよう」と打ち合わせをしただけで犯罪に。

「教唆」でも。そそのかしただけで犯罪に。

「扇動でも。あおっただけで犯罪に。

■取り締まられる行為

・漏洩行為(故意) ⇒ 取扱者10年 提供者5年

・過失による漏洩 ⇒取扱者2年 提供者1年

うっかりデータを消し忘れただけで犯罪に。

それをうっかり見てしまっても犯罪に。

・特定取得行為 ⇒ 10年

・未遂(既遂と同じ)

・共謀 ⇒取扱者5年 提供者3年

・教唆 ⇒取扱者5年 提供者3年

・扇動 ⇒取扱者5年 提供者3年

・自首して密告した場合、減刑か免除

・国外犯も処罰

外国人ジャーナリストなど。

■法案の内容「特定秘密の対象」

【防衛に関する事項】

※自衛隊法第九十六条の二の別表第四とほぼ同じ

イ 自衛隊の運用又はこれに関する見積もり若しくは計画若しくは研究

ロ 防衛に関し収集した電波情報、画像情報その他の重要な情報

ハ ロに掲げる情報の収集整理又はその能力

ニ 防衛力の整備に関する見積もり若しくは計画又は研究

ホ 武器、弾薬、航空機その他の防衛の用に供する物(船舶を含む)の種類又は数量

ヘ 防衛の用に供する通信網の構成又は通信の方法

ト 防衛の用に供する暗号

チ 武器、弾薬、航空機その他の防衛の用に供する物又はこれらの物の研究開発段階のものの仕様、性能又は使用方法

リ 武器、弾薬、航空機その他の防衛の用に供する物又はこれらの物の研究開発段階のものの製作、検査、修理又は試験の方法

ヌ 防衛の用に供する施設の設計、性能又は内部の用途

この内容は自衛隊法の中にすでに存在する。

つまり「防衛上の事情」でこの法律が作られるのではないということ。

【外交に関する事項】

イ 安全保障に関する外国の政府又は国際機関との交渉又は協力の方針又は内容

TPPとの関連。日本側の交渉当事者の中には「TPPは安全保障の問題」という認識がある。

ロ 安全保障のために我が国が実施する貨物の輸出若しくは輸入の禁止その他の措置又はその方針

ハ 安全保障に関し収集した条約その他の国際約束に基づき保護することが必要な情報その他の重要な情報

「その他の」に注目。つまりどんな内容でも対象にできる。

ニ ハに掲げる情報の収集整理又はその能力

ホ 外務省本省と在外公館との間の通信その他の外交の用に供する暗号

※国家安全保障戦略原案:自由貿易体制の強化(10/21)

日本の国家安全保障戦略と自由貿易体制は連動している。

【特定有害活動の防止に関する事項】

イ 特定有害活動による被害の発生若しくは拡大の防止(特定有害活動の防止)のための措置又はこれに関する計画若しくは研究

ロ 特定有害活動の防止に関し収集した外国の政府又は国際機関からの情報その他の重要な情報

ハ ロに掲げる情報の収集整理又はその能力

ニ 特定有害活動の防止の用に供する暗号

※特定有害活動とは、公になっていない情報のうちその漏えいが我が国の安全保障に支障を与えるおそれがあるものを取得するための活動、核兵器、軍用の化学製剤若しくは細菌製剤若しくはこれらの散布のための装置若しくはこれらを運搬することができるロケット若しくは無人航空機又はこれらの開発、製造、使用若しくは貯蔵のために用いられるおそれが特に大きいと認められる物を輸出し、又は輸入するための活動その他の活動であって、外国の利益を図る目的で行われ、かつ、我が国及び国民の安全を著しく害し、又は害するおそれのあるものをいう。

特定秘密の中に原発関係の情報を含むことができる。

日本政府は「原発の情報を特定秘密に入れる」「入れない」と意見を変え続けているが、彼らが何を言っているかよりも、条文が大事。原発を特定秘密に入れることができるようになっている。

現在の原子力基本法の中で「原子力は日本の安全保障に資するもの」と書かれている。

つまり、原発反対運動は「国家の安全保障に支障をきたす行為」とすることができる。

【テロリズムの防止に関する事項】

イ テロリズムによる被害の発生若しくは拡大の防止(テロリズムの防止)のための措置又はこれに関する計画若しくは研究

ロ テロリズムの防止に関し収集した外国の政府又は国際機関からの情報その他の重要な情報

ハ ロに掲げる情報の収集整理又はその能力

ニ テロリズムの防止の用に供する暗号・テロリズムによる被害の発生・拡大の防止のための措置またはこれに関する計画

※テロリズムとは、政治上その他の主義主張に基づき、国家若しくは他人にこれを強要し、又は社会に不安若しくは恐怖を与える目的で人を殺傷し、又は重要な施設その他の物を破壊するための活動をいう。

「その他の」に注目。どんな行為もテロリズムとして捉えられる。

■後日、第二十一条が追加された。

第二十一条

この法律の適用に当たっては、これを拡張して解釈して、国民の基本的人権を不当に侵害するようなことがあってはならず、国民の知る権利の保障に資する報道又は取材の自由に十分に配慮しなければならない。

罰則規定がない=努力規定

「そうするようにがんばります」と言っているだけ。

法的拘束力のない条文。

2 出版又は報道の業務に従事する者の取材行為については、専ら公益を図る目的を有し、かつ、法令違反又は著しく不当な方法によるものと認められない限りは、これを正当な業務による行為とするものとする。

著しく不当な方法←どんな方法でも、「不当だ」と言いがかりが可能になる。

正当な業務=大本営発表のこと。つまり政府の都合のいい情報しか出てこなくなる。

■第九条

特定秘密を保有する行政機関の長は、その所掌事務のうち別表に掲げる事項に係るものを遂行するために必要があると認めたときは、外国の政府又は国際機関であって、この法律の規定により行政機関が当該特定秘密を保護するために講ずることとされる措置に相当する措置を講じているものに当該特定秘密を提供することができる。

「外国の政府」おそらくメインはアメリカ。

アメリカ政府には教えるが日本国民には教えない、という状況が起きる。

■米国での「特定秘密」の扱い方

 

・指定期間 原則10年以内 最長25年

⇒期間が過ぎると原則 解禁・公開

アメリカでは永遠に秘匿することは不可能。日本の今法案では永遠に秘匿が可能。

・国立公文書館「情報保全監察局」

⇒秘密指定が適切かチェック

⇒局長に「解除請求権」

アメリカには第三者機関があるが、日本では作る予定はない。

■米国大統領令13526号

原機密指定の4要件

・この情報が正当な権限によらずに開示されたときは、国家安全保障上の利益(国際テロリズムからの防衛を含む)に損害がもたらされる結果が生じることを、原機密指定者が合理的に予期しうると決定し、かつ、その損害を特定または記述できること。(1.1条(a)項)

・過度の原機密指定を回避するための注意規定

特定の情報を機密指定する必要性に重大な疑義がある場合には、機密指定をしてはならない。(1.1条(b)項前段)

・機密指定の禁止(1.7条の(a)項)

以下の目的で機密指定を行うことを禁じる

1.法令違反、非効率性の助長、または行政上の過誤の秘匿

2.特定の個人、組織、または行政機関に問題が生じる事態の予防

3.競争の制限

4.国家安全保障上の利益の保護に不要な情報の妨げ、または遅延させる目的で行なう

■日本の場合…

・第二章 特定秘密の指定等

第三条 行政機関の長は、当該行政機関の所掌事務に係る事項に関する情報で、公になっていないもののうち、その漏えいが我が国の安全保障に著しい支障を与えるおそれがあるため、特に秘匿することが必要であるものを特定秘密として指定する。

「これを秘密にすることが大事だ」と思うだけで秘密にできる。

秘密にしたら、「何が秘密なのか」も第三者からわからなくなる。

■秘密保護に関する法律

1954年「MDA法」(日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法)

1960年「刑事特別法」(日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う刑事特別法)

日米安全保障に関して発生する「秘密」を守るための法律。

1985年「スパイ防止法案」 (国家秘密に係るスパイ行為等の防止に関する法律案)

外交・防衛上の国家機密事項に対する公務員の守秘義務を定め、これを第三者に漏洩する行為の防止を目的とする。

禁止ないし罰則の対象とされる行為は既遂行為だけでなく未遂行為や機密事項の探知・収集といった予備行為や過失による漏洩も含まれる。

最高刑は死刑または無期懲役。

野党やマスコミ、市民などの猛反対にあい、審議未了で廃案。

勝共連合が「スパイ防止法」制定運動を展開していた。

勝共連合は安部総理の祖父たちが作った組織(共産主義に勝つ事を目的とした組織)。

アメリカは日本を「反共(反共産主義)の砦」とした。

この反共を実現するためにコダマヨシオ、ササガワリョウイチ、キシノブスケといったCIAのフィクサー達が作った組織。

この勝共連合を支えているのは統一教会。

統一教会はCIA(韓国CIA=KCIA)が支えた諜報(スパイ)機関。

岸の孫である安部内閣が提出した改憲案は勝共連合の声明文と極似。

1991年「ソ連の崩壊」 ⇒ 冷戦の終了

2001年9月「テロとの戦い」の開始

2001年10月「自衛隊法改正」

「テロ対策支援法案」とともに国会に上程。

防衛秘密の漏洩に関して、民間人が処罰の対象に加えられた。

この時「情報保全隊」ができた。

これは「イラク戦争反対」の市民活動を監視する組織。

2005年10月 「日米同盟:未来のための変革と再編」

日米の安全保障協力の対象が極東から世界に拡大

日米同盟の深化=米国と自衛隊が一体になってやっていく

つまり米軍の指揮下に自衛隊が入るということ。

安全保障協議委員会において、閣僚が、関連当局の間でより広範な情報共有が促進されるよう、共有の秘密

情報を保護するために必要な追加的措置をとる約束を表明。

米軍の情報が自衛隊を通して漏れたら困る!!

だから秘密を守るための法律を作るよう、アメリカから圧力がかかっている。

アメリカの戦争は秘密と嘘から始まる。

アメリカの嘘が日本から漏れたら困る。

2007年 「軍事情報包括的保護協定」

同盟国で秘密軍事情報を提供し合う際、第三国への漏洩を防ぐために結ぶ協定。

第六条 秘密軍事情報を保護するための原則

(a)秘密軍事情報を受領する締約国政府は、当該情報を提供する締約国政府の事前の書面による承認を得ることなく、第三国の政府、個人、企業、機関、組織又は他の団体に対し、当該情報を提供しないこと。

(b)秘密軍事情報を受領する締約国政府は、自国の国内法令に従って、秘密軍事情報について当該情報を提供する締約国政府により与えられている保護と実質的に同等の保護を与えるために適当な措置をとること。

2008年4月「秘密保全法制のあり方に関する検討チーム」が設けられ、法制化に向けた本格的な検討。

2009年7月「情報保全の在り方に関する有識者会議」の第1回会合が開催。

2009年9月

民主党に政権交代。有識者会議は中断。

2010年10月

尖閣ビデオ流出問題。

このビデオ自体は秘密でもなんでもない。

しかし、この事件を契機に「秘密保全についての法律」を作る機運を作っていく流れができた。

2011年1月

「秘密保全のための法制のあり方に関する有識者会議」第1回会合が開催。

この会議の議事録は取っていない。

成立過程が秘匿されている。

メモは全部捨てた。

情報開示請求をしたところ、すべて黒塗り。

2013年9月3日~9月17日

パブリックコメントを募集。

9万480件の意見が寄せられ、反対が77%、賛成は13%

募集期間も2週間と短い。

パブリックコメントの内容も秘匿されている。

「見せるつもりはない」

2013年秋の臨時国会

国家安全保障会議(日本版NSC)設置法案とともに、「特定秘密保護法案」として国会に提出される予定。

両方とも、まさにこれから審議が始まる。

■こうなっている背景=アメリカの財政赤字

米国では3月1日から歳出強制削減が始まる。

向こう10年間で3兆9千億ドルが削減。

削減の対象の半分は軍事費。

軍事産業は倒産の危機に陥る。

アメリカは軍産複合型社会。

「米軍の能力や抑止力にとって壊滅的な影響が出る」

「軍の能力が空洞化してしまう」

という危機感。

日本の軍事産業、政府を利用して戦争を起こしたい。

■第3次アーミテージレポート 「日米同盟:アジアにおける安定の礎」

米国は「集団的自衛権の行使」と「秘密保護の強化」を要求している。

これらの要求に応じているのが安部政権。

■憲法改正から解釈改憲へ変更!?

改憲派で全議席の2/3を取れなかった。

だから、憲法を変えなくても解釈を変えて、憲法を変えたと同じ状況を作ろう=解釈改憲。

8月8日、内閣法制局長官を集団的自衛権行使容認派の小松一郎(前駐仏大使)氏へ。

集団的自衛権は行使できる、という考えを持っている人材を長官に。

今秋の臨時国会で国家安全保障会議(日本版NSC)設置法案と特定秘密保護法案を提出する予定。

来年、通常国会で共謀罪法、国家安全保障基本法、集団的自衛事態法(仮称)などの整備を終えたら改憲しなくても集団的自衛権の行使可能。

日本版NSC・・・たった4人の人間で国家安全保障についての意思決定ができるようにする。

「アメリカのNCAが世界中を監視している」と暴露して脚光を浴びたスノーデン。

その組織の日本版を作ろうとしている。

共謀罪・・・企てただけで犯罪に。つまり思想を持つだけで犯罪。思想管理。「何も犯罪を実行していない人間を逮捕する」ということは、常に国家が国民を監視することができているということ。

特定秘密保護法+NSC+共謀罪=戦争の準備。

そのような体制を作ろうとしている。

■集団的自衛権の行使は国連で認められている?

国連憲章の精神

1.各国の主権の尊重

2.武力攻撃の禁止

3.武力攻撃を受けた場合は、自衛権、集団的自衛権を行使できる

アメリカの集団的自衛権だけは、先制攻撃を認めている。

日本はそれと同じ事をできるようになろうとしている。

■集団的自衛権は日本を滅ぼす

例)

アメリカを守るために日本軍が攻撃する。

北朝鮮からワシントンやニューヨークへ向う弾道ミサイルを迎撃する?

実際にはできない。

日本の迎撃ミサイルは100キロしか飛ばない。

そもそもどんなのでやっても無理だけど。

北朝鮮からアメリカに飛ばすミサイルは日本列島上空を飛ばない。(北極経由)

阻止できるとしたら敵基地への先制攻撃。

北朝鮮「原発をミサイル攻撃すれば日本を消し去ることができる」

今までの自衛隊は先制攻撃ができない。

これからできるようになったら、テロの対象にもなりやすくなる。

攻撃されやすい国になる。

■核兵器時代

打撃、損傷が大きすぎる。

「戦争に勝つ」戦略から「如何に戦争を避けるか」の戦略にシフト。

「如何に戦争を避けるか」の戦略では相手国に対して誤解を与えないように話し合うことが基本。

隠す事よりも、相手の理解を得ることを重視 = 情報公開

「秘密を隠すより、秘密を公開する時代」

安部政権は時代錯誤な政策を打ち立てている。

■日米防衛協力の指針(ガイドライン)を協議(2013年10月3日)

「両国の戦略的な構想は、アジア太平洋地域およびこれを超えた地域における安全保障及び防衛協力の拡大を基礎としていく」

「これを超えた地域」って、世界中ってこと。

「どこまでもアメリカについて行く」ということ。

「特に情報保全を一層確実なものとするための法的枠組みの構築における日本の真剣な取組を歓迎し、より緊密な連携の重要性を強調した」

この外圧により法整備が進められている。

■特定秘密保護法案の問題点

・特定秘密に対して第三者がチェックする仕組みがない。

・いかようにも解釈できる = 恣意的運用が可能

・「更新可能」なので半永久的に秘密にすることが可能。

・公務員だけでなく、政府関連の仕事をする研究者や民間企業の労働者、国会議員にも広く秘密保持義務が課せられて処罰対象になる。

公務員の家族、友人、知人も対象に含まれる。

国会議員の「知る権利」が制限される。

つまり全員が対象。

 

・「適正評価制度」でプライバシーまで調査される。

・収集された個人情報の目的外利用や外部漏洩の危険性。

・故意・過失を問わず秘密漏洩は処罰。

・公務員法は懲役1年以下で、自衛隊法は懲役5年以下

最高懲役10年の厳罰化。

・特定秘密を公開するルールがない。

永久に秘密にできる = 歴史の検証ができない。

・未遂と共謀については自首により減刑または免除。

密告の推奨、おとり捜査も可能。

 

・知る権利、取材・報道の自由が侵害される。

・国会や裁判での事実把握や追及も困難になる。

裁判の場でも秘密は秘密。

何が秘密かも秘密。

・罪刑法定主義に反する

何が秘密かも、何で罪に問われているかもわからない。

・取材活動が教唆などとして罪に問われかねないので萎縮効果が大きい。

・言論・表現の自由、学問・研究の自由などが奪われる。

・情報公開と自由な議論が民主主義の原則だが、形骸化する。

・チェック機能が無効になるので、政府の暴走を許す恐れがある。

・大本営発表による情報支配、情報統制が可能になる。

■ツワネ原則

2013/6/12に70カ国以上にわたる国の500人以上の専門家の助言を得て発表された

『国家安全保障と情報への権利に関する国際原則(ツワネ原則)』では、

国家の秘密情報を「国防」など限定した範囲で認めるが、人権侵害や違法行為を秘密とするのを許さない。

また暴露された情報の価値が秘密にするより公開した方が社会的に有益と判断されたら、暴露した者は罰せられないとのこと。

1.公衆は政府の情報にアクセスする権利を有する。それは、公的な機能を果たす、或いは公的な資金を受け取る私的機関も含まれる。

(原則1)

 2.知る権利への制限の必要性を証明するのは政府の責務である。

(原則4)

 3.政府は防衛計画、兵器開発、諜報機関によって使われる情報源など狭義の分野で合法的に情報を制限することができる。

 また、国家安全保障に関連する事柄について外国政府から提供された  機密情報も制限することができる。

(原則9)

 4.しかし、政府は人権、人道に関する国際法の違反についての情報は決して制限してはいけない。

  これは、現政権より前の政権下における違反行為についての情報、また、自らの関係者あるいは

  他者により行われた違反行為について政府が所持する情報についても当てはまる。

(原則10A)

 5.公衆は監視システム、そしてそれらを認可する手続きについて知る権利がある。(原則10E)

 6.安全保障セクターや諜報機関を含め、いかなる政府機関も情報公開の必要性から免除されることはない。公衆はまた、安全保障セクターの機関の存在について知る権利を有し、それらの機関を統治するための法律や規則、そしてそれらの機関の予算についての情報も知る権利を有する。(原則5と10C)

 7.公共セクターにおける内部告発者は、公開された情報による公益が秘密保持における公益を上回る場合、

  報復措置を受けるべきではない。

  (原則40,41、と43)

 8.情報を流出させる人を刑事裁判に持ち込むことは、その情報が公開されることによって生じる公益を上回るような「実在して確認可能な重大損害を引き起こすリスク」をもたらすときのみ検討されるべきである。

  (原則43と46)

 9.ジャーナリストその他、政府に勤めていない人々は、機密情報を受け取ること、所有すること、公衆に公開することに対し、また機密情報を求めたり機密情報にアクセスすることに対して共謀その他の犯罪で訴追されるべきではない。(原則47)

 10.ジャーナリストその他、政府に勤めていない人々は、情報流出の調査において、秘密情報源や他の非公開情報を明かすことを強制されるべきではない。(原則48)

 11.裁判手続き情報が一般公開可能であることは不可欠である:

  「裁判手続き情報に対する公衆の根本的な権利を弱めるために国家安全保障の発動に頼ることはならない」。(原則28)

 12.人権侵害の被害者がその侵害行為への対応策を求めたり得たりすることを阻害するような国家機密や他の情報を、政府が秘密のままにすることは許されない。(原則30)

 13.安全保障セクターには独立した監視機関を設けるべきであり、それらの機関は効果的な監視のために必要な全ての情報にアクセス可能であるべきである。(原則6、31-33)

 14.情報が機密化される機関は必要な期間に限るべきであり、無期限であってはいけない。情報機密化が許される最長期間は法律で定めるべきである。(原則16)

 15.機密解除を要請する明確な手続きがなければいけない。その際、公益に与する情報を優先的に解除する手続きも定めるべきである。

@京田辺。今日はこんなスペースで暦と養生の話をします。夜は安部さんと秘密保護法話会@モモの家。

@京田辺。今日はこんなスペースで暦と養生の話をします。夜は安部さんと秘密保護法話会@モモの家。

2013年11月 4日 (月)

麻にも色々ある。麻は聖なる植物、というお話がありますが、いのちすべて、優劣なく、どれもこれも聖なるものですね☆

麻を解放と言うなら、大麻だけを一神教的に崇めるのではなく多様な麻たちを優劣付けず愛そうね♪

11月6日 特定秘密保護法案について話そう@モモの家

11月6日(水)19:00〜(OPEN18:30)
「特定秘密保護法案ってなんだろう?」@モモの家

10月15日からはじまった臨時国会で政府・与党が成立をめざしているこの法案。私たちの知る権利、表現する権利はどうなるのかな?みんなで話そう。

お話:安部芳裕
進行:冨田貴史

参加費:1000円
申込み:080-6967-2491 takafumitomita1320@yahoo.co.jp(冨田)

あべよしひろ:1%の金持ちのためではなくて99%の市民のための政治をという理念のもと活動されている団体「プロジェクト99%」代表。
著作に「だれでもわかる地域通貨入門」「金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った」など。

---------------------------------------
MOMO・モモの家 事務局
〒564-0041 大阪府吹田市泉町5−1−18 
TEL FAX 06−6337−8330
E-mail:office@momo-family.org

2013年11月 1日 (金)

今日もひたすら染めました。おしめやベビー服やジャケットや靴下やエプロンや、、いい感じに筋肉痛◎

今日もひたすら染めました。おしめやベビー服やジャケットや靴下やエプロンや、、いい感じに筋肉痛◎

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »