« | トップページ | 2月、3月の予定 »

2014年2月26日 (水)

冨貴月報睦月版~新年のご挨拶/2月3月の手仕事会案内~

和暦新年のご挨拶

皆様、あけましておめでとうございます。バタバタと立ち上がった冨貴工房も、この一年を無事に締めくくることができました。これもひとえに、工房に思いを寄せてくださった皆さんのおかげです。茜染め、麻褌、鉄火味噌、手前味噌、黒炒り玄米などを皆さんと作る機会の中で、ひとりひとりの中にある創造性に触れることができ、大いに学びを頂いています。

とりわけ、初めて何かを作りに来た方々の緊張が手仕事をするうちに解けていき、物が仕上がった時にぱっと笑顔を見せる、その姿に触れる時の喜びは何ものにも変えがたいものがあります。そして、初めての物づくりの際に見せる独創的なアイデアや純粋な疑問は、私自身の創造性に多大な影響を頂いています。

ともすれば町に暮らす私達は消費者と括られがちですが、町でこそできる創造の機会、作る喜びを共有する機会を、今年も積極的に作っていけたらと思います。

 

鉄火味噌を福島第一原発へ

私達が今ここで暮らしていられるのは、福島第一原発で収束作業に従事している人たちのおかげ。彼らの健康に何とか貢献できないかと考え、食養生の物資を届ける取り組みを始めました。食材代をカンパで賄いながら、昨年12月末に「いわき自由労働組合」を介して鉄火味噌を届けることができました。自分のためではなく誰かのために、丸一日かかる鉄火味噌作りに集まってくださった方が10人以上いたことは、本当に嬉しいことでした。毎日2000人以上が働く現場の全ての方たちに行き渡る量を作るのは途方もない作業ですが「ハチドリのひとしずく」の思いでこれからもコツコツ続けていけたらと思います。また、何かを一方的に届ける行為は、それが良かれと思う行為であっても善意の押し付けになりかねません。現場に直接足を運んで、現場の様子を少しずつでも理解しながら、求めるものをコツコツと届けていけたらと思います。

 

冨貴工房 春の手仕事会

「冨貴工房」ではこれからも、手のひらを通じてアートや創造の喜び、命と命のつながりを感じられるような場を作っていけるよう、努めていきます。春は一年の大きな節目。お互いの健康を祈りながら元気に手仕事の場を共有していけたらと思います。

 

・2月19日(水) 好きな素材を染められる茜染め体験会
時間:10時~13時/14時~17時  

参加費:3000円

麻、綿、絹など染めたい素材を持ち込んで染めて頂けます。300gを越える素材を染める場合は超過100gに付き1000円を別途頂きます。また、冨貴工房の麻褌、ヘンプコットンのてぬぐい生地などを染めていただくこともできます。染めたい素材と分量を事前にご相談ください。




・3月3日(月) 鉄火味噌作りと季節の養生のお話

時間:10時~17時  

参加費:4000円

牛蒡、人参、蓮根、生姜、長期熟成豆味噌を使った鉄火味噌に六年物高麗人参を入れた養生鉄火味噌を作ります。季節の養生のお話をしながら心身の健康のための手仕事を楽しみましょう。

 

・3月4日(火) 天然糀の手前味噌作りと聞き味噌会

時間:13時~16時 / 19時~22時 

参加費:4500(冨貴味噌の養生味噌汁付き・手前味噌3キロ持ち帰り)

天然糀をたっぷり使った美味しく体にいい手前味噌を作ります。また、工房で各季節に仕込んだ味噌を味わって味噌の多様性を楽しんでいただきます。健康志向の具沢山味噌汁付きです。リピーターの方は参加費4000円になります。


・3月7日(金) 福島第一原発収束作業員に届ける鉄火味噌作りと現場の様子のお話会

時間:10時~17時  

参加費:無料(食材代カンパ歓迎)

私達が現在日本列島に暮らしていられるのは、事故が収束しない福島第一原発で働く人たちのおかげです。彼らの食事、健康に何とか貢献できないかと考え、鉄火味噌を届ける取り組みを始めました。食材代をカンパで賄いながら、継続的に取り組みを続けていきたいと思います。今回は、12月末にいわき自由労働組合を介して鉄火味噌を届けた際に伺った話などをシェアしながら作業できたらと思います。

 

定員:各15人(それぞれ要予約です。事前にご連絡ください。)

 


お問い合わせ

冨貴工房
531-0071大阪府大阪市北区中津3-17-12
fukikobo@gmail.com 

06-6372-7281 /  080-6947-2491(冨田) 


« | トップページ | 2月、3月の予定 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | 2月、3月の予定 »