2014年6月29日 (日)

冨貴工房へようこそ!~ホームページ作りました♪

冨貴工房のサイトを作りました。

苦手なネットに向き合ってみました。

これからもっと中身作っていきます。

苦手なことにもしっかり向き合っていこう♪

と思ったのです☆彡

冨貴工房を大事に思ってくれる大切な人たちのためにもね◎

みなさまいつもありがとうございます。

今後共どうぞよろしくお願いします。

http://fukikobo.blogspot.jp/

2014年2月26日 (水)

冨貴月報睦月版~新年のご挨拶/2月3月の手仕事会案内~

和暦新年のご挨拶

皆様、あけましておめでとうございます。バタバタと立ち上がった冨貴工房も、この一年を無事に締めくくることができました。これもひとえに、工房に思いを寄せてくださった皆さんのおかげです。茜染め、麻褌、鉄火味噌、手前味噌、黒炒り玄米などを皆さんと作る機会の中で、ひとりひとりの中にある創造性に触れることができ、大いに学びを頂いています。

とりわけ、初めて何かを作りに来た方々の緊張が手仕事をするうちに解けていき、物が仕上がった時にぱっと笑顔を見せる、その姿に触れる時の喜びは何ものにも変えがたいものがあります。そして、初めての物づくりの際に見せる独創的なアイデアや純粋な疑問は、私自身の創造性に多大な影響を頂いています。

ともすれば町に暮らす私達は消費者と括られがちですが、町でこそできる創造の機会、作る喜びを共有する機会を、今年も積極的に作っていけたらと思います。

 

鉄火味噌を福島第一原発へ

私達が今ここで暮らしていられるのは、福島第一原発で収束作業に従事している人たちのおかげ。彼らの健康に何とか貢献できないかと考え、食養生の物資を届ける取り組みを始めました。食材代をカンパで賄いながら、昨年12月末に「いわき自由労働組合」を介して鉄火味噌を届けることができました。自分のためではなく誰かのために、丸一日かかる鉄火味噌作りに集まってくださった方が10人以上いたことは、本当に嬉しいことでした。毎日2000人以上が働く現場の全ての方たちに行き渡る量を作るのは途方もない作業ですが「ハチドリのひとしずく」の思いでこれからもコツコツ続けていけたらと思います。また、何かを一方的に届ける行為は、それが良かれと思う行為であっても善意の押し付けになりかねません。現場に直接足を運んで、現場の様子を少しずつでも理解しながら、求めるものをコツコツと届けていけたらと思います。

 

冨貴工房 春の手仕事会

「冨貴工房」ではこれからも、手のひらを通じてアートや創造の喜び、命と命のつながりを感じられるような場を作っていけるよう、努めていきます。春は一年の大きな節目。お互いの健康を祈りながら元気に手仕事の場を共有していけたらと思います。

 

・2月19日(水) 好きな素材を染められる茜染め体験会
時間:10時~13時/14時~17時  

参加費:3000円

麻、綿、絹など染めたい素材を持ち込んで染めて頂けます。300gを越える素材を染める場合は超過100gに付き1000円を別途頂きます。また、冨貴工房の麻褌、ヘンプコットンのてぬぐい生地などを染めていただくこともできます。染めたい素材と分量を事前にご相談ください。




・3月3日(月) 鉄火味噌作りと季節の養生のお話

時間:10時~17時  

参加費:4000円

牛蒡、人参、蓮根、生姜、長期熟成豆味噌を使った鉄火味噌に六年物高麗人参を入れた養生鉄火味噌を作ります。季節の養生のお話をしながら心身の健康のための手仕事を楽しみましょう。

 

・3月4日(火) 天然糀の手前味噌作りと聞き味噌会

時間:13時~16時 / 19時~22時 

参加費:4500(冨貴味噌の養生味噌汁付き・手前味噌3キロ持ち帰り)

天然糀をたっぷり使った美味しく体にいい手前味噌を作ります。また、工房で各季節に仕込んだ味噌を味わって味噌の多様性を楽しんでいただきます。健康志向の具沢山味噌汁付きです。リピーターの方は参加費4000円になります。


・3月7日(金) 福島第一原発収束作業員に届ける鉄火味噌作りと現場の様子のお話会

時間:10時~17時  

参加費:無料(食材代カンパ歓迎)

私達が現在日本列島に暮らしていられるのは、事故が収束しない福島第一原発で働く人たちのおかげです。彼らの食事、健康に何とか貢献できないかと考え、鉄火味噌を届ける取り組みを始めました。食材代をカンパで賄いながら、継続的に取り組みを続けていきたいと思います。今回は、12月末にいわき自由労働組合を介して鉄火味噌を届けた際に伺った話などをシェアしながら作業できたらと思います。

 

定員:各15人(それぞれ要予約です。事前にご連絡ください。)

 


お問い合わせ

冨貴工房
531-0071大阪府大阪市北区中津3-17-12
fukikobo@gmail.com 

06-6372-7281 /  080-6947-2491(冨田) 


2013年7月16日 (火)

7月19日 茜染め麻ふんどし作り/これからの暮らしと自給を語らう座談会と奈良大介ライブ@冨貴工房

・7月19日
茜染め麻ふんどし作り
12時〜17時
ゲスト:奈良大介
参加費:3500円(茜染め麻ふんどし込み)

これからの暮らしと自給を語らう座談会と奈良大介ライブ
19時〜21時
奈良大介&冨田貴史
参加費:2000円

定員:各15人(それぞれ要予約)

Photo
Photo_2
Photo_3

2013年6月12日 (水)

住まいの自給@冨貴工房

@冨貴工房。
今日は土壁塗りワークショップ。

「町の中で暮らしながら、衣食住の自給を一歩ずつ着実に進めていきたい。」
その思いと態度が共鳴しあうことで、自ずと作業は助け合い、コラボレーションになっていく。お互いの動きを読み取りあいながら、時には以心伝心で支えあう。初めて会った人たちとは思えない共同作業が繰り広げられるたびに、同志の存在に心強さを覚えます。ひとりでできることはちょっとでも、つながれば色々なことができる。そのサイズは大規模工場のそれではなく、手仕事、作業所、ワークシェア、小商いのそれが気持ちいい。
今日も、参加者ひとりひとりが住まいに対して抱く夢を語り合い、「それ、手伝えるよ」という声を交換し合いました。
ちょっとずつでもスキルを積み重ねていって、いざという時にそれぞれの住まいのシフトを助け合える存在になっていく。そうやって共同作業は自然体でできていくのかな。

手を動かしながら、創造を共同しながら、お互いのビジョン、夢、望む方向を語り合う。
そんな時間を少しずつでも増やしていきたいですね~。
明日は会社帰りでも立ち寄れる味噌作り。
たまには飲み代節約して手前味噌持ち帰りましょう♪
ちなみに明後日、明々後日は麻褌作り共同作業。
選挙活動も新しいライフスタイルの中からやっていきたいっすね。
Photo
Photo_2

Mini_130612_16490001

2013年4月 7日 (日)

冨貴工房、2013年4月オープンします

Photo

Photo_2

冨貴工房、2013年4月オープンします

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「自給=田畑を耕すこと」と限定的に捉えると「町に暮らす私にはできない」というブレーキが働いてしまうかもしれません。しかし実際は、味噌や梅干のような加工品、衣類、それらを流通させるマーケット、それらの価値を伝えるメディアやスペースも、自給することができます。「何か一つでも自給を始めてみる」という行為そのものが、精神的な自立、安心感、自信、自分で考える心を育むことにつながると思います。この4月からは、免疫力を高める衣食の自給として、鉄火味噌、茜染め、麻褌作りを始めていきます。また、工房のスペースを利用した「むすび屋」もオープンします。どうぞよろしくお願いします。

                                    冨貴工房 代表 冨田貴史
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にぎやかな都会の中に、昔ながらの町並みが残る中津商店街。
昭和の香りが色濃く残った店構えからは、懐かしさと風情がにじみ出ています。
ゆっくりとお茶を飲みながら読書にふけるもよし、ひらめきのまま、ものをつくるもよし。
みなさんと共にこのスペースを育てていけたらと思います。
人が人として生きる上での喜びの源である「創造的に生きること」を大切に、
私たちの暮らしを支える衣食住に手のひらの中で直接触れ、恵みに感謝することから、
これからの暮らしを見つめていきたいと思います。

・鉄火味噌
放射線、電磁波、抗生物質、化学物質などの影響で低下しがち
な免疫力を高める養生食品です。長期熟成の豆味噌と根菜類(生
姜、牛蒡、人参、蓮根)を丁寧に炒り上げる鉄火味噌は、血液
を温め解毒力を高め、免疫力を向上させる食薬として古来から
大事に使われてきたものです。

・茜染め
茜染めを施した繊維は浄血・抗菌・免疫力向上の効果の高い衣
薬です。また、茜色は地上に降りた命が母親の胎内で見る色、
地球上で初めて見る色であるといわれており、子供の精神を沈
静する効果があるといわれています。

・麻褌
「衣服は大薬なり」という言葉や「服用」という言葉があるとお
り、衣服は薬です。麻は日本古来から伝わる聖なる植物です。
直接肌に触れる下着を元の姿に戻していくことで、衣食住と私
たち命のつながりを見直していけたらと思います。

・むすび屋
無・減農薬のお米を使って土鍋で炊いたおむすびの路上販売を
数年前から始める。「生きた命と記憶を持っているお米や野菜を
食べなさい」という野草料理研究家、若杉友子さんの言葉に触
れ 正しい食はDNA レベルの記憶を取り戻す力があることに気
付く。日本の主食であるお米を通して食の大切さを伝えていく
場作りに向けて準備中。人の心とご縁を結んでいけますように
との思いを込めて「美味しい=幸せ」を伝えていけるおむすび
作りを目指して只今精進中!
※4/1より工房にて月・金曜日の12 時〜14 時にオープン。

◆冨貴工房4 月のイベント

2 0 1 3 . 4 . 1 7 w e d
電気の恵みに感謝する
『日本橋電気街でんでんタウン遠足』
集合 :13 時「討論BAR シチズン」(恵美須町駅そば)
終了 :17 時「冨貴工房」にて
冨田貴史 / ラビラビ
参加費:1000 円 
『丁寧に小さく始める自家発電のススメ』 
19 時〜 21 時 自家発電ライブ&トークセッション
ラビラビ / 鳴海姫子 / 冨田貴史
参加費:2000 円
出店 :むすび屋

2 0 1 3 . 4 . 2 1 s u n
『東洋医学治療師と作る鉄火味噌』〜陰陽五行と放射能対策〜 
13 時〜 17 時 鉄火味噌作りとお話 
宮崎晃太郎(十字の漢方代表) / 冨田貴史  
参加費:3000 円( 鉄火味噌代込み)

4 . 2 3 t u e
時の測りを自給する
『太陽系時空間地図 地球暦』
14 時〜 16 時 地球暦の円盤を動かしてみる
19 時〜 21 時 太陽系時空音 トーク&ライブ 
杉山開知(地球暦考案者) / 冨田貴史 
参加費:2000 円
出店 :むすび屋

4 . 2 5 t h u 
日本の伝統に思いをはせる
『奈良大介と作る茜染め麻褌』
14 時〜 17 時 麻褌作りと茜染め 
奈良大介 / 冨田貴史
参加費:2500 円(麻褌代込)
19 時〜 21 時 日本の心を歌うトーク&ライブ  
奈良大介 / 冨田貴史
参加費:1500 円
出店 :むすび屋
 
定員:各日15 名 電話かメールにてお問い合わせください。

■ラビラビ http://www.rabirabi.com
ふたりの打楽器と声の独創楽団。場と一体となり、抑揚と瞬発力にあふれた音を
次々と繰り出す。国境, 人種, 時空を軽々と超えるサウンドは「縄文トランス」
と呼ばれ人々をDance Heaven へと導く。五芒星を描くように年間100 本を超え
るライヴを行う。日本のみならず世界を駆け回るネオネイティブな3人組。

■宮崎晃太郎 http://www.woman-kanpou.com/
十字の漢方 代表取締役 十字の健康相談所、十字鍼灸院 院長。漢方、鍼灸、
マクロビオティック食事指導、高次元医学、オーリング。春日井市勝川にて全国
からの悩める方の健康と幸せの大成功を願い、うつ、不妊、アトピー、アレルギー、
母乳の詰まり、過食、自信回復、元気回復、陰陽調和、健康維持、美容力向上な
ど症状改善から予防医学まで幅広く相談を受けている。全国にて陰陽五行、放射
能に負けない体作り、オーリング、漢方、お灸セミナー活動もしている。またミュー
ジシャンとして、全ての人の健康を願い唄い続けている
koutarou-sunshineBAND や天照(aki-ra sunrise とのユニット)、EIJI&THE ブ
ルボンズ、スサノオ(HOLYSMOKY のナオとのユニット)を手がけている。

■鳴海姫子
北海道出身、京都在住。舞踏家竹の内淳、天然肉体詩人藤條虫丸に師事。舞踏団
公演の他、ソロ作品発表、奉納舞、舞踊劇やライブへの出演、お化けパフォーマ
ンスなどを全国各地に届けする、旅する踊り子。その土地の「場」のもつ空気・
「音」から造られる空間・「精神」、それらの目に見えない気配や空気感と人間の
身体がどう関わっているのかに興味があり、即興性の高い舞踏に心惹かれて現在
に至る。

■奈良大介 http://www.naradaisuke.com/
ギターや三線等も演奏しソロ活動も精力的に行っている日本を代表するジャンベ
プレーヤー。 太鼓を使ったパフォーマンスを中心にやっほーバンド、PJ、 サヨコ
オトナラ、朝崎郁恵(奄美島唄)、マブリ、DOUNIYAH 等、ジャンルにとらわ
れずに幅広く活躍中。 全国でジェンベのワークショップも開催。

■冨田貴史 http://takafumitomita1320.cocolog-nifty.com/blog/
京都在住。全国各地で年間300 本以上のイベント・ワークショップを続けている。
ワークショップのテーマは暦、エネルギー、手仕事、自家発電など。『母笑み疎
開保養大作戦〜海旅Camp』共同代表。大阪中津『冨貴工房』代表。著書「わた
しにつながるいのちのために」、「今、わたしにできること〜目に見えないものを
みつめて生きていく〜」ほか

■杉山開知 地球暦考案者  http://www.heliostera.com/
静岡出身。音楽の専門学校卒業後、2002 年より家業を引き継ぎ、静岡にて半農
半暦の生活をしている。2004 年から本格的に暦を作りはじめ、古代の暦の伝承
と天体の関係を学ぶ。その過程で暦の原型は円盤型の分度器であることに気づき、
太陽系を縮尺した時空間地図を 2007 年に「地球暦」と名付ける。現在は制作し
た暦を縁ある方に「贈りもの」として配布している。

■太陽系時空間地図 地球暦
太陽系を1兆分の1 に縮尺した円盤形の暦。
暦の基本単位である年月日を太陽・月・地球の位置関係で捉える単純な見方は、
暦法、占術を超えた新しい時間の概念を生み出している。

冨貴工房
住所:大阪府大阪市北区中津3-17-12
Mail : fukikobo@gmail.com
電話:080-6947-2491

2013年3月30日 (土)

3月29日 褌用の麻布、ヘンプコットンTシャツなどを染める@冨貴工房

3月29日@冨貴工房

この日は午後から麻布を褌用に裁断し、インド茜で染めました。
(すべてみょうばん先媒染)
・大麻100%の生地は褌用に裁断してから
Pap_0057
Ca3g0051
・27日に染めたシルクとヘンプコットンはこんな感じになりました。
ヘンプコットン生地はこの後に重ね染めをします。
Ca3g0046
Ca3g0050
・こちら青地に茜を重ねて白抜きの部分に淡く色を入れました。
僕は渋くて好きです。
Ca3g0048
・ヘンプコットンTシャツはそれぞれこんな感じになりました。
(レディースS、レディースM、メンズS)
このTシャツと、後に紹介するバッグは旅先で販売します。
Ca3g0063
Ca3g0059
Ca3g0062
・ヘンプコットンのバッグはこんな感じです。Ca3g0058
以上、工房日記でした。

2013年3月28日 (木)

3月27日 満月の茜染め@冨貴工房

3月27日@冨貴工房

この日は続々と工房の備品や物資が到着しました。
・長野のかり~にゃさんから梅干黒焼きと黒炒り玄米
黒炒り玄米茶は工房でもお出しします。
三年番茶やびわ茶とブレンドしてもおいしいですね。
・サードエネルギーカンパニーさんからモリンガの種とモリンガオイル
こちらも工房で在庫しますので、ご希望の方はお求めください。
発送も承ります。
・ヘンプ、ヘンプコットン
これから継続的に染め、縫製をしていきます。
メインは褌ですが、オーダーに応じて手ぬぐいや暖簾など作ります。
昨日はアパレルブランドを運営している友人が来て一緒に染めをしましたが、
柔軟にコラボレートをしていけたらと思います。
Pap_0452
・岐阜のマナフード・オハナさんから鍋、中華鍋、ガスコンロ、ドライフルーツ
岐阜県瑞穂にあるマナフード・オハナさんから備品をカンパいただきました。
採れたてを上手に保存されたドライフルーツも絶品♪
Pap_0450
Pap_0440
そして田中直染料店から仕入れさせていただいたインド茜を使って染めをおこないました。
■作業工程
・一番液で煮染め(みょうばん媒染・先媒染)
・一番液と二番液のブレンドで煮染め(みょうばん媒染・先媒染)
・煮染め後の一番液で一晩浸し染め(媒染なし)
・煮染め後のブレンド液(一番液と二番液)で一晩浸し染め(媒染なし)
Sn3v0422
■素材
ヘンプショップ「タメル」(大阪)より
・ヘンプコットン生地(生成り/120cm×200cm/麻55%・綿45%)
4th parallel(京都)より
・シルクスカーフ×9枚
・コットン帽子×1
・シルク帽子×1
・コットン・スウェットロングTシャツ×1
・コットン・スウェットTシャツ×1
・コットンシャツ×3
・タオル大×2
・手ぬぐい(コットン)×1
Pap_0444
Pap_0437
Sn3v0850
Ca3g0001_3

2013年1月29日 (火)

冨貴月報師走版

平成二十五年春から放射能対策、保養、養生、手仕事をテーマにした工房を開くこともあって、「冨貴月報」という印刷物を月に一回発行して手渡し始めました。

ネットの利用は最小限度にして、依存度を減らしながら、なるべく手仕事、手渡しのやりとりを大事にしていきたいと思います。
便利さや手軽さや簡単さは、人を思考停止に陥らせ、依存的な性質を増長し、不安で頼りないメンタルを育てると感じます。
なるべく手間をかけ、じっくりと、ひとつひとつのものと付き合っていきたいです。
そして、こっちがすばらしい、こっちがダメだという善悪二元論に陥ることもなく、
一人ひとりの営みに敬意を払いながら、暮らしの中にある矛盾を併せ呑みながら、
世界を慈しんでいけたらと思います。
ということで、月報はテキストデータではアップしません。
jpgとpdfをアップしておくので、PCのディスプレイではなく、印刷物として読んでいただけたらありがたいです。
Geppou_shiwasu_01
Geppou_shiwasu_02

2012年6月 7日 (木)

サポーター大募集~2012年夏、福島の母子を招いて第一回 『海旅Camp ~母笑み疎開保養大作戦~』開催します

第一回 『海旅Camp ~母笑み疎開保養大作戦~』 サポーター募集!

2012年夏、福島のお母さんと子供達に自然の中でリフレッシュしてほしい!

福島県内やその周辺で放射能に不安を感じながら暮らしている子供たちやお母さんに岐阜の山の中で心身をリフレッシュしてもらいたいと思い保養ツアーを企画しました。
自然の中でくつろぎ、 ゆっくりすごしていただけるよう、精一杯のおもてなしをしたいと思っています。
私たちは人と人がつながりあって支えあっていくための場として、今回のような取り組みをこれからも続けていきたいと思っています。また、託児や送迎、食事つくりなどの形でこのツアーに関わってくださる方、支援物資、支援金といった形でご協力いただける方を広く募集しています。
ご協力よろしくお願いします。

開催日 2012年7月28(土)~8月2日(木)5泊6日

宿泊会場 岐阜県中津川 夕森荘 http://www.takenet.or.jp/~yumorisou/     
     八百津町 山なんや
 http://yamananya.jimdo.com/


◆ツアーに関わってくださる方の募集
・事前準備の話し合いに参加できる人
・看護師や保育士の免許がある人
・支援物資や支援金を提供してくれる人
・宿泊サポートをしてくれる人(宿泊施設の都合により人数に限りがありますので事前に事務局までご連絡ください・別途宿泊費が必要になります)
・活動やサポートの呼びかけをしてくれる人
を募集しています。

◆支援物資の募集
・野菜(保存の効く物)、(保存の効かない物は当日に宿泊会場までお持ち下さい)など
・ タオル、おねしょシーツ
・懐中電灯、炭、キャンプ用品 などなど

◆支援物資受け入れ場所

BAR URBANCOWBOY
  愛知県名古屋市東区東桜2-15-27落合ビルB1F
     TEL/FAX 052-934-1999

*支援物資を持ち込まれる前に、事務局までご一報下さい。

◆支援金振込先
・ゆうちょ銀行 
(店名)二一八 普通 4818236 ウミタビキャンプ
・ 郵便振替   
 記号12100 番号 48182361 ウミタビキャンプ


 
主催団体 「21st Century Ship 海旅団」 
代表     西田優太 TEL:090-5632-8630
事務局代表  冨田貴史 TEL:080-6947-2491
Mail : umitabicamp@gmail.com

事務局  BAR URBANCOWBOY
  愛知県名古屋市東区東桜2-15-27落合ビルB1F
     TEL/FAX 052-934-1999

ブログ  http://ameblo.jp/umitabicamp/

2011年7月 1日 (金)

7月6日~8日 ワークショップ@和歌山市

冨田貴史さんワークショップ in 和歌山市

前半は暦のワークショップ。暦に触れることは、新しい発見や自分をクリエイ
トしていく喜びがいっぱい。暦を使い、暦を作り、暦と一つになる出会いを☆
後半は持続可能な未来へ向けてのワークショップ。原子力発電所について、放
射能について、環境破壊について、農業や漁業の現状について今改めて見つめ
合う。そして、出来ることを見出していきたい。冨田さんは言う「望む未来に
つながる変化を自分で実践していくこと」(著書「美しい海と私たちの未来」)

7月6日(水) kin194 白い水晶の魔法使い
✿13の月の暦WORK SHOP 「 今年の私をふりかえる 」 
 時間 13:00~16:00 参加料金 ¥2,500
@木村屋旅館(和歌山市新和歌浦2-2 073-444-0155)  

マヤの暦をベースにして生まれた「13の月の暦」は7/24で大晦日を迎えます。
新たな一年を迎えるこの時に、今一度「今ここ」に至る道を見つめてみませんか?
13の月の暦の説明を冨田さんにしていただき、「今年の私をふりかえる」の実践ワ
ークに入ります。そして新たな年をワクワクいっぱいの年にしましょう!
持ってくるもの/手帳(普段使っているのであればなんでも可)・色えんぴつやマー
カー

✿ 「 旧暦と陰陽五行 」 
時間19:00~21:00 参加料金 2,000円 @木村屋旅館

明治4年まで日本の暦だった太陽太陰暦=旧暦。それは太陽のリズムと月のリズ
ムをミックスした素晴らしい暦。陰陽五行についても織り交ぜながら、日本のリズム
に船出しましょう

7月7日(木) kin195 青い宇宙の鷲
✿「 暦茶会 」 
時間 13:00~16:00  参加料金 ¥2,500
@Cafe ざっか屋 あわたま (和歌山市毛見996-2  073-444-2239)  

時ありて 四季の彩り悠々に 月の満ち欠け陽の出入り 
時の重なり果てしなく われら生あり 今ここに
 はてさて 何を思うて今ここに? さてさて 望む世界はどんなとこ?

自分の時間を生きることで、想像が創造されていくとしたら、もっと時や暦と仲良くしていきたいですね。時の波にのり、自分の内を創造していきましょう
暦とわたしが結ばれる 「暦茶会」

✿「 持続可能な未来へむけて 
~ 手を結び あるものを生かした地域づくりを~ 」 
時間 19:00~21:00  @Cafe ざっか屋 あわたま  参加料金1,500円

自然、循環、平和、産業、観光・・・誰もが求める住みよい地域、暮らしとは?自分の住む土地、日本がそうであるには?様々な情報を分かち合い、「あるものや特色を生かした地域づくりってどんなだろう?」を気軽にシェアリングしましょう

7月8日(金) kin196 黄色い磁気の戦士
✿「 持続可能な未来へむけて 
~ 今起こっていることからみえてくるもの~ 」 
時間 19:00~21:00 @Cafe ざっか屋 あわたま 参加料金1,500円
まずは情報の共有。震災、原発、メディア、社会の動き・・・。そして、福島や山口県上関、沖縄など地域の動きを知りましょう。そこから見えてくるものや今感じていることを分かち合いしましょう。  
〈 問合せ あわたま 073-444-2239  http://awatama-wakayama.com 〉

より以前の記事一覧